そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

バリ島のホテルと駐車場争奪戦 2013年バリ島旅行記3(準備)

旅行雑誌写真

一波乱あったものの行くこととなった年末年始のバリ島旅行。
同行者が誰もいったことのない場所だけあって、ホテル選びは悩みました。
また、羽田空港の駐車場が予約出来ずに、そのことでも頭を悩ませました。

難航するホテル選び

航空券は手配したものの、バリ島へは行ったことないのでホテル選びは難航しました。
ガイドブックやWEBで調べて、いくつかのエリアの絞り込めました。

クタ・レギャン、スミニャク、ヌサドゥア、サヌール、ジンバラン。
バリ島通の人からすればいずれも有名な場所なのでしょうが、どこもいまいちピンと来ませんでした。
行ったことないのだから、仕方ないですが。

年末年始の旅行なのに9月になってからホテルを手配しようというのだから、人気のあるところはすでに満室になっていました。
せっかく物価の安いところに行くのだから、今回は安めの部屋を探すことにしました。

初めてのバリ島なので、最初はクタ・レギャンにするつもりでいました。
綺麗で手頃な値段のホテルもありましたので、とりあえずいくつか候補として拾い上げました。

一方クタは騒々しいという話も聞いたので、他のエリアからもいくつか候補をピックアップしました。
いろいろと検討して今回はクタにしようかなと思いガイドさんに相談したのですが、クタは年末年始は特に渋滞が激しいから時間がもったいないと指摘をもらいました。
もう一度考え直すことにしました。

ちょっと余談ですが、バリ島のホテルが他の地域と違うなと思ったことがあります。
通常ホテルなどは高層階ほど料金が高いのですが、バリ島のホテルは1階が一番値段が高いというところが多かったです。

あとで聞いた話ではバリ島では椰子の木より高い建物を建ててはいけないらしく、1階が一番アクセスしやすいので高くなっているだと自分なりに解釈しました。

忌まわしき悪習、ガラディナー

随時各ホテルの予約状況を確認しつつ、ホテル選びを進めていました。
この時点でクタのホテル、サヌールのホテル、サヌールのコンドミニアムの3つに絞りこんでいました。

どこに泊まっても値段はそんなに変わらないので、コンドミニアムにしようかと思っていました。
ところがバリ島には何度も行っている身内から、思わぬ指摘をされました。

「ガラディナーって知ってる?」

キョトンとしました。
参加したことはないけど、そういえば昔に聞いたことがありました。

『ガラディナー』とは、大晦日に行われるホテル主催のパーティーで、出席しようがしまいが宿泊客はパーティーのお金を払わなくてはいけないというジャイアンリサイタル的な強引極まりないイベントなのです。
ホテル側からすればおいしいイベントなので、アジア圏では行われている国が多いそうです。
その身内も2度ほどガラディナーの時に居合わせてしまったらしく、法外な料金を取られたそうです。

ホテルの予約サイトの注意書きを見ると、どこもガラディナーのことが書かれていました。
またガラディナーを避けての宿泊(12月30日までとか、1月1日からなど)の予約は受け付けないと記載されているところがほとんどでした。
つまりガラディナーの料金を払わないと泊まらせないぞということです。

そんなもの払いたくないので、もちろん現地で払わなくていい様に交渉はするつもりでしたが、払った場合にいくらになるのかを各ホテルに電話とメールで問い合わせました。

サヌールのコンドミニアムは一人$150と言われました。
一部屋4人で泊まって$100なのだから、宿泊費よりガラディナーの方が高くなってしまいます。
そんなのは腑に落ちないので、そこは候補から外しました。

クタのホテルは、ガラディナーはやる予定だけど料金は未定という回答をもらいました。
ブログなど見たら$100くらい取られるみたいでした。
行ってから高額な料金を請求されても困るので、ここも却下しました。

残るはサヌールのホテルです。
ここは定員2人の部屋で1泊5,000円ほど、3つの中では一番安いところでした。
問い合わせたら、ガラディナーは予定しているけど、おそらく$50くらいだと回答がありました。

立地やアクセス、そしてコストを考えて今回はこのホテルに決めました。
メンタリサヌールという小さなホテルです。
あとは出発を待つのみです。

それにしてもガラディナーってとんでもないボッタクリシステムですね。
ホテルのグレードが高いほどガラディナーの料金も高いようです。
高級なところだと$300以上するらしいです。
バカらしい・・・

羽田空港駐車場争奪戦

今回は帰国便の到着時間が深夜だったので、車で羽田空港まで行くことにしていました。
4人で電車やバスなどを使うことを考えれば、駐車場代込でも交通費はあまり変わりません。

何度か駐車場の管理事務所に電話して確認しましたが、お盆やGW、年末年始は混雑するようで、入庫渋滞が予想されるとのことでした。
とても丁寧な対応で助言等をいただいたのですが、渋滞の状況は予想できないとのことでした。

当然駐車場は予約しておくつもりでしたが、ちょっと問題がありました。
いつも成田空港の駐車場を利用するときはかなり早い段階で予約を入れていたのですが、羽田空港の駐車場は1ヶ月前にならないと予約が出来なかったのです。

しかも予約枠が26台だっていうから驚き!
実質予約できないのと同じです。

だからといって外の民間駐車場には預けたくありません。
自分の車を見ず知らずの他人に触らせたくないし、セキュリティーのリモコンを預けるなんて以ての外です。

期待が薄かったけど、26台の予約枠に掛けることにしました。
出発1ヶ月前、日付が変わる前からPCに張り付いていました。
事前にアカウントをつくり、午前0時に近づくと何度も何度も画面をリロードしました。
結果、すでに予約がいっぱいになっており、予約することが出来ませんでした。
前日にもチェックしていたのですが、かなり前からいっぱいだったみたいです。

長くとめる人がいるとその分予約の枠が減るそうです。
もちろん国内線の方の駐車場もチェックしていましたが、どこもダメでした。

国内線の方と国際線の方は運営が違うみたいでしたが、サイトの構造が同じなのでどちらも天下りの組織なのだと思います。
別に天下りでもいいのですが、駐車場を予約できないと予定が立てられないので、もう少し何とかしてもらいたいものです。
増床工事をしているようだったからこれから改善されるのかもしれませんが、駐車場に関しては成田空港の方が便利です。

駐車料金を値下げしたことはありがたいですが、満車にならないように繁忙期だけは値上げしてもいいのではないかと思います。

当日早めに出て駐車場に並ぶつもりでしたが、前日、前々日の様子を見ながら対応することにしました。

 

スポンサード リンク

2013年11月29日 6:00 PM | カテゴリー:2013年バリ島旅行記