そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

1日前に羽田空港駐車場入庫、無駄に一往復(しかも二日酔い) 2013年バリ島旅行記4(準備)

羽田空港写真
いよいよ出発前日となったのですが、羽田空港の駐車場が混雑しているようでした。
万が一にも駐車場に入らないなんてことを考えると怖いので、前日に車を入れに行くことにしました。
無駄な一往復をすることになりましたが、車をとめることができました。

駐車場の混雑状況

いよいよ念願のバリ島出発の日が近づいてきましたが、依然駐車場の問題が残っておりました。
出発前々日に羽田空港国際線の混雑状況を調べてみたら『混雑』になっており、時間によっては満車になっているようでした。

出発する人は増える一方なので、さらに混雑することが予想されました。
出発は夜遅くだったので昼過ぎから駐車場待ちをしようと考えていたのですが、万が一にも駐車できなかったらなどと考えると落ち着きませんでした。

仕方ないので前日の朝から車を止めに行って、電車で家に帰ってくることにしました。
それでは何のために車で行くのか意味が分かりませんが、帰りの便が遅いので仕方ないのでした。
電車が24時間動いていればこんなことしなくてもいいのですが、これではせっかく空港を24時間化しても意味がないですね。
空港だけではなく周りのインフラも対応しなくては海外の空港との競争には勝てないので、そのへんは今後の課題だと思います。

大失態の二日酔い

出発前日に朝から羽田空港に車を止めに行くはずだったのですが、二日酔いで起きれませんでした。
実は前の日は海外に住んでいる友人が帰ってきたので、遅くまで飲みに行っていたのです。

起きてからも気持ちが悪くて、車を運転できそうにもありませんでした。
そこでTenCoにお嫁さんに車を運転してもらうことになりました。
本当はTenCo一人で行くはずだったものですから、ムッとした顔をされました。

そもそも二人で行っても時間や電車賃がもったいないからTenCoが一人で行くことにしてたわけですから、お嫁さんが一人で行けばいいのではないかと思いました。
あわよくばで言ってみました。
「俺も一緒に行く必要ある?」
「誰が二日酔いになってせいで私まで行かないと行けないのよ?(怒)」
予想通りの反応でした。

逆の立場だったらそうは言わないんですけどね。
そんなわけでハードな二日酔いの中、羽田空港までドライブすることになりました。

羽田空港までは順調で、1時間ほどで羽田空港国際線駐車場入り口まで到着しました。
到着したのは13時頃で、入庫待ちをしているのは20台ほどでした。

思ったほど混んでいないので、肩をすかされた気がしました。
ところがここからが長かったのです。
出てくる車はいるのですがその感覚が長いので、入庫できるのは15分に1~4台前後でした。

予約がある車は係員の誘導で並ばずに一番右のレーンから入っていってましたが、どうして予約が取れたのかは疑問でした。
だってTenCoも前日に予約できないのかと、日付が変わると同時にPCをチェックしていたのです。
一般車の枠でなかったのか(障害者枠)、はたまた何か特別なコネクションがあるのか?
そんなことを考えても仕方ないので、気長に待っていました。

結局1時間ほど待って無事に入庫出来ました。
設備が新しいので駐車場のひとつひとつにセンサーが設置してあり、、空いている場所がすぐに分かるようになっていました。
大きな駐車場では、このような設備は非常にありがたいです。
その辺はすばらしいのですが、もう少し運用を考えてもらいたいなと思いました。
そのうちもうひとつ駐車場が出来ないと対応しきれなくなるでしょうから、その辺は考えているのかな?

駐車した後は空港内でROYCEのチョコレートチップスを買って電車で家に帰りました。
乗換えが何度かあるので電車の方が時間がかかりましたが、それでも成田空港に比べれば楽でした。

電車賃は2人で2千円ほどかかりました。
翌日は4人で電車に乗って空港に行ったので、4千円ほどかかりました。
車で行っているにもかかわらず、計6千円と駐車代1日分の無駄。
だったら駐車料金が高くてもいいから、並ばずに利用できるようにしてもらった方がありがたいです。
周りの民間駐車場と比較すると、ちょっと料金が安すぎるのかなと思います(平日はそれでいいですが)

予約の枠の件や駐車場の運用に関しては今後大幅に改善してもらいたいところです。
予約に関しては半年前から、予約の枠も上限を全駐車可能台数の3~4割程度まで増やしてもらいたいですねぇ。

何をしに行くのか分かりませんが観光で羽田空港に行く人も多いらしいので、そのことも駐車場の混雑に拍車を掛けているのだと思います。
飛行機に乗る人が駐車場に入れないために搭乗時間に間に合わないなんてことがないように、今後いい方向に発展することを願っております。

 

スポンサード リンク

2013年12月3日 11:58 PM | カテゴリー:2013年バリ島旅行記