そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

サヌール散歩 2013年バリ島旅行記9(1日目) 

サヌール街写真
ホテルにチェックインしたあとは、サヌールの街をブラブラすることにしました。
メンタリサヌールは少しハズレにあったので、ガイドさんに車で行ってもらいました。
予想していたよりも質素な感じでした。

サヌール散歩

メンタリサヌールホテルにチェックインしたあとは、サヌールの街を散歩することにしました。
今回泊まったメンタリサヌールはサヌールのハズレにあるため、ガイドさんに先ほど両替したあたりに車で送っていってもらいました。

付きっきりでは悪いので、ガイドさんには2時間後に迎えに来てもらうことにしました。
携帯電話もあるので、特に不安はありませんでした。

サークルK写真最初に現れたのはサークルKでした。
日本ではサークルKというとサンクスと合併してサークルKサンクスとなり、何だか方向性がハッキリしない絶滅危惧種的なコンビニ(ウチの近所にはないという意味)ですが、バリ島ではサークルKが業界トップとのことでした。

暑かったのでさっそく飲み物を買いにいったのですが、ポカリスエットが人気のようでした。
これにはちょっと驚きで、結構日本の文化が入っているようでした。

サヌール街並み写真街道沿いに歩いていったのですが、高い建物がないので静かなリゾートという感じでした。
サンダルを買いたかったので脇にあったクロックスに入ってみましたが、ぜんぜん安くないのでビックリしました。

セール時期にハワイに行ったり、物価が安いという先入観があるので余計にそう思いました。
結局誰も何も買わずに店をあとにしました。

サヌール街並み写真街道沿いにはお店が何件も並んでいるのですが、観光客の数はあまり多くありませんでした。
車社会なので交通量は結構多いです。
車も多いのですが、バイク(原付)の割合が高かったです。

自動車メーカーは、日本車のシェアが高いようでした。
中でも『ISUZU』と書かれた自動車が結構な割合でいました。
日本国内ではトラックのイメージが強いのですが、こちらでは乗用車が結構売れているみたいでした。
サイズは大きくないのですが、日本には(たぶん)売っていない車種が走っていました。

サヌール道路写真日本の軽自動車を少し大きくしたようなサイズの車も多かったです。
TenCoのガイドさんの車も日本製で、そちらはトヨタ製でした。
こちらも日本ではたぶん売っていない車種で、初期のオデッセイのような形をしていました。

マニュアル車だったので「珍しいね」と言ったら、バリ島ではマニュアル車の方が多いという答えが帰ってきました。
やっぱマニュアルの方が丈夫なのかな?
それともメンテナンスの問題かな?(最近のオートマ車はコンピューターで制御されているのでやたらといじれない)

日本の乗用車ではマニュアルが欲しくてもラインナップにありません。
いろいろな電子制御機器が付いているので、オートマの方が安全なのかな?

ちなみにバイクも日本製が多いようで、2人乗り3人乗りは当たり前のようでした。
交通事情は決して良くなさそうですが、日本メーカーのモノが受け入れられているようでちょっとうれしく感じました。

駐車場写真街道沿いを歩いていたのですが、どうもパッとしませんでした。
TenCo達が観光地慣れをしすぎているせいもあると思いますが、それを差し引いてもちょっと物足りなさを感じました。

ホテルにチェックインする前に携帯のsimを買ったところがショッピングセンターになっていたので、そちらに行きました。
あまり大きくはない駐車場なので、常に満車状態になっていました。

入口写真『Hardy’s』というお店なのですが、『ハルディーズ』と発音するようでした。
一階入ってすぐのところはお土産などがあり、その奥にはスーパー。
2階、3階は衣類や日用品などがありました。
中はちょっと照明が足りないで薄暗く、目が疲れました。
一通り見ましたが、洋服などは地元の人が着るようなモノが多く、ちょっと日本人には合わないようなものが多かったです。

驚いたのが言葉が全く通じないことでした。
バリ島はインドネシア語なので、TenCoは全く分かりません。
洋服を見ているときに店員さんが何か話しかけてきたのですが、それが英語のようだったのですが全く聞き取れませんでした。
やり取りして何となく分かったことが、「買うなら試着室があるから試着できるよ」みたいなことを言っているようでした。

久しぶりにものすごく海外感を感じました。
まったく言葉が通じないのも何だか面白くて新鮮でした。

最後にスーパーをブラブラしてビンタンを買ったところで、ガイドさんとの待ち合わせの時間になりました。
このあとは夕食だったので、ガイドさんの車に荷物を積み込み移動しました。

 

スポンサード リンク

2013年12月20日 6:00 AM | カテゴリー:2013年バリ島旅行記