そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

チップについて

チップとは

欧米をはじめ海外にはチップの習慣がある国があります。
またもともとチップの習慣がなかったのに、欧米に倣ってチップの習慣を導入しているところもあります。
日本にはチップという習慣がないので、初めて海外旅行にいく人には戸惑うことが多いと思います。

チップはサービス料として払われますが、チップの習慣のある地域ではチップをもらうことを前提にサービス業の賃金が低く設定されていることが多いようです。
国や地域によってはチップを正式な収入源として納税申告義務もあるので、チップの習慣のある国ではそれだけ重要な収入源となっているので、渡し忘れることがないようにしましょう。

国や地域によって相場は違いますが、渡すチップの額は受けたサービスによって加減するのが通常です。
もちろんチップを渡さないという選択肢もありますが、よほどのことがない限りそういう状況にはならないのではないかと思います。
ただ明らかにサービスが悪かったのなら、遠慮なく減額するのがその店のためでもあるのかななどと思ってしまいます。

チップの渡し方

チップの習慣がない日本人が始めて海外旅行に行くと、いつチップを渡すのか戸惑うことが多いと思います。
せっかくの楽しい旅行なのだから、余計なことで神経を使いたくないものです。

例えば荷物を部屋に運んでもらったら、帰り際に渡すのが通常だと思います。
アメリカの場合は、荷物1つに対して1~2ドルくらいが相場だと思います。
コイン(小銭)ではダメというわけではないと思いますが、紙幣で渡すように心がけましょう。

小額紙幣は多めに取っておき、ポケットなどに入れておけばスムースに渡せていいのではないかと思います。
両替をする際は、小額紙幣を多めにしておくと便利だと思います。

またタクシーや飲食店などでお釣りをもらうのが面倒なときは、「Keep the change」といってお釣りをもらわないのもスマートです。
例えば代金にチップを上乗せして$48.26になったら、$50か$49を渡しせばお釣りはいらないよと言えばお釣りをもらう必要もなくそれで終わります。

チップの二重取りに注意

飲食店などでこちらがチップを払う前に、向こうで勝手にチップを上乗せした請求書を持ってくることがあります。
勝手にチップを20%にしてきたりとそういう店にはちょっと腹が立ちますが、もしかしたらチップを払わない人が多かったからそういう風にしているのかもしれません。
請求書に『gratuity』と記載されているところに勝手に金額が書き込まれているのに、それがチップの金額だと気が付かずに余計にチップを払ってしまう日本人がたまにいるようです。
他の日本人が甘く見られないためにも、請求書はきちんとチェックしましょう。

またクレジットカードで払う場合にチップの欄を空白のまま渡してしまうと、勝手にチップの額を書き込まれ後日高額な請求が来るという悪質な店もあるとかないとか。

ファーストフード店やドライブインなどでは通常はチップは不要です。
またパックツアーなどでは、荷物を運んでもらう分がツアー代金に含まれていることもあるので、その場合はチップは不要です。

何かとめんどくさいチップという習慣ですが、慣れるしかないのかなと思います。