そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

快適なビジネスクラスの旅 2007年グアム旅行記2(1日目)

景色写真
いよいよグアムに出発、成田空港までは車で行きました。
初めてのビジネスクラス、とても広い席で快適でした。
食事も美味しくてあっという間の空の旅でした。

成田空港へ

いよいよ初めてグアム旅行出発の日、成田空港までは車で行きました。
成田空港周辺には安い民間駐車場があるのですが、見ず知らずに人間にキーを預けたくなかったので空港内の駐車場を利用しました。

午前中出発の便だったので、家を早く出たために渋滞はありませんでした。
でも何があるかは分からないので、かなり時間に余裕を持って行動しました。
車での移動時間だけでグアムに着いてしまいそうです。
24時間空港でないし、どうしてこんな場所に空港を作ってしまったのでしょうか?

通常ツアーの場合は、航空会社のチェックインカウンターに行く前に旅行会社のカウンターに寄って航空券を受け取らなくてはなりません。
有料オプションで事前発行もありますが、たしか3千円くらい取られたと思います。
TenCoは今回はビジネスクラスだったので、無料で事前に航空券を送ってもらっていたので、旅行会社のカウンターに寄る必要はありませんでした。

そんなわけでツアーの人たちがチェックインカウンターに押し寄せる前にチェックインをしたので、優先チェックインレーンもあまり意味がありませんでした。

ラウンジ写真荷物を預けたあとはすぐに出国手続きをしました。
免税店で買い物を済ませ、航空会社のラウンジに行きました。

朝なのでまだあまり人はいませんでした。
ここでしばらくゆっくりすることにしました。
新聞を読んだり、ノートPCを開いたり、みんな思い思いに過ごしています。

ラウンジ写真TenCoはというと、大好きな生麦ジュースを飲んでいました。
トマトジュースもあるので、レッドアイにしたりやりたい放題です。

普段は朝から飲むことなどあまりありませんが、朝から飲むと結構効きますね。
でも美味しかったので5,6杯いただきました。

搭乗時間になったので、搭乗口へ行きました。
すでに行列が出来ていたのですが、優先搭乗できたので並ばずに済みました。

B747-400にはアッパーデッキ(2階席)があり、中の階段で上へ上がります。
今回乗った機材はもともとはビジネス路線で使われていたもので、アッパーデッキ(2階席)はファーストクラス設定でした。
グアム線はエコノミークラスとビジネスクラスの設定しかないのですが、2階席はそのままビジネスクラスとして使われていました。

ビジネスクラスシート写真かなり広い席でした。
一番前のシートにしたのですが前の壁に手はおろか脚を伸ばしても届きません。
エコノミークラスにしないでよかったと思いました。

後ろのシートには小学校低学年くらいの兄弟が2人で座っていたのですが、まるでベッドかと思うほどの大きさに見えました。

コックピット写真離陸前にパイロットさんのご好意でコックピットで写真を取らせてもらいました。
TenCoは他の方に便乗してお邪魔したのですが、貴重な体験をさせていただきました。
これはジャンボのアッパーデッキ(2階席)の特権ですね。
※あくまでもパイロットさんののご好意で、このようなサービスは通常ないと思います。このときは子どもの乗客がいたからかも知れまえん。

メニュー写真ウェルカムドリンクを出され、食事のメニューを渡されました。
わずか4時間弱のフライトなのですが、軽食ではなくちゃんとした食事でした。
メニューには前菜からデザートまで書いてあり、メインは3種類の中から選べるようになっていました。
食事をするために飛行機に乗っているわけではないので、あまり期待はしていませんでした。

機内食写真こちらは鮭のソテーのマスタードソース、マッシュポテト・人参・アスパラガス添えの方です。
思っていたものよりもちゃんとしたものが出てきて驚きました。
ホタテのグリル焼きとベビーロブスターのマリネの前菜などへたなレストランより美味しいかったです。
メインの鮭も柔らかくて、結構美味しかったです。

機内食写真こちらは鰻の蒲焼ご飯です。
機内食で鰻が出てくるとは思いませんでした。
味の方も悪くはありません。

TenCoはパンももらいましたが、結構お腹がいっぱいになりました。
アッパーデッキは12席しかなく、キャビンアテンダントが2名いたので至れり尽くせりでした。

4時間弱のフライトですが、あっという間にグアムに到着しました。
快適な空の旅でした。
ノースウエスト航空のファンになりました。

 

スポンサード リンク

2013年12月26日 4:25 PM | カテゴリー:2007年グアム旅行記