そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

今日もガンビーチはシュノーケル日和 2012年グアム旅行記16(3日目)

水中の写真

グアム旅行3日目、この日も朝からニッコーグアム前のガンビーチでシュノーケルをしました。
天気に恵まれ海も穏やかで、この日も絶好のシュノーケル日和でした。
この日もたくさんの魚を見ることが出来ました。

シュノーケル日和

ウチが出遅れたのか、この日は海にいる人が少し多く、ビーチチェアが6つほどしか空いていませんでした。
一等地とはいかなかったがビーチチェアが確保できたところで軽く準備運動をして、お嫁さんの母のライフジャケットを借りに行きました。

この日は釣りをしている人や家族3世代で水遊びをしている人など、賑やかでみんな楽しそうでした。
天気も良く波も穏やかで、まさにシュノーケル日和でした。

ウニ写真この日はお嫁さんの母も沖まで行くというので、TenCoが引っ張っていくことしました。
足元に注意しながら途中まで歩いていき、フィンを装着しました。

写真のように浅いところにも窪みにウニがいたりするので、気を付けてる必要があります。
少し不安がっているお嫁さんの母ですが、手を引っ張り曳航していきました。

そしたら、重い!

TenCoのフィンはダイビング用なので安いシュノーケルセットについているものと比べると格段に推進力があるのですが、ライフジャケットを着た人を引っ張るとなると水の抵抗がすごかったです。

移動スピードは通常の半分以下になりますが、なんとか無事に沖に出れました。
沖まで連れて来たものの初めてのシュノーケルで足が付かないのは大丈夫かと心配したのですが、まったく問題ありませんでした。

海中の魚の写真沖まで出ると手前とは別世界になるので、もう夢中になっていました。
ここでパンを蒔いたら魚がたくさん寄ってきて、それを見ているだけでも飽きませんでした。

少しだけ潮の流れがあるので、20分くらいで30メートルほど流されました。
その度に潮の流れの上流に行き、位置を保ってました。

オニヒトデの写真同じところばかり見ていてももったいないので、向かって左側(タモン湾)に進みました。
こちら側の方が少し珊瑚が多いという印象です。

波や流れが弱いことをいいことに、ニッコーグアムを通り過ぎて完全にタモン湾側まで回り込みました。
何やら見覚えのある生き物がいました。

オニヒトデです。
前に沖縄に行ったとき、美らうみ水族館に「危険な生物」として展示されていたので、すぐに分かりました。
美らうみ水族館に行っていて良かった!!

海の生物をむやみやたらに触ったりはしませんが、知っていれば注意しますからね。
このオニヒトデですが、水深2~5メートルくらいのところに多くいたように思います。
数も結構いましたので、本当に注意が必要です。

『オニヒトデ』とか『オニダルマオコゼ』とか『鬼嫁』とか、世の中『オニ』と付くものには無闇にやたらと触れない方が身のためです。

流れに身を任せながらゆらゆらと、黄色い魚やクマノミなど、いろいろな魚を見ることが出来ました。
ちょっと下まで行こうと潜ったときに、岩陰からウツボ(たぶん)の子供が出てきたときはちょっと焦りました。
大きく口を開けてこちらを威嚇してたので、そのまま浮上しました。

沖まで行くと水深があるので、ガンビーチは深く潜りたい人には最適です。
TenCoは耳抜きが簡単に出来る体質なのですが、日ごろの運動不足のせいで息が続かず5、6メートルくらいまでしかいけませんでした。

TenCoは今回ドライスノーケルを使ってみたのですが、深く潜るときは快適でした。
普通のスノーケルだと息を止めているつもりでもポコポコとスノーケルから空気を出て行きがちです。
よく潜りながら息がポコポコ出てしまっている人いますが、そういう人にはおすすめです。

ずいぶん長い間いたので、一度上がることにしました。
時計を見たら、2時間近くいたみたいです。

ハンモックで楽しそうに遊んでいる親子がいたので、真似してハンモック休憩することにしました。
ハンモックがちょっと高い位置にあるのでハプニング映像のように派手に転ぶかなと心配しましましたが、無事に乗ることが出来ました。

ものすごく気持ちよかったです、ハンモック。

でもチャーチューのように網目のあとが付いてしまったので、バスタオルを敷くべきでした(笑)
チャーシューになったとはハンモックをお嫁さんに譲り、ビーチチェアで横になったりビーチを歩いたりしていました。

ガンビーチの奥の方に行こうとしたのですが、途中に大きな海の家みたいなものがありました。
利用している人はほとんどいなかったのですが、なんか前を通りにくかったのでUターンして戻ってきました。

ガンビーチは奥の方に行くと戦争のときの大砲があるらしく、それがガンビーチの由来になっているそうです。
今思えば、Uターンせずに写真を撮ってくればよかったちょっと後悔しています。
ま、次に行くときの目標ですね。

みんなお昼寝から起きてきたので、もう一度シュノーケルしに行きました。
やっぱ何度見ても飽きません。

ずっと顔を下に向けて海の中を見ていたので、肩が日焼けでヒリヒリしていることに気が付きました。
シュノーケルをしているとどうしてもそうなりがちです。
ラッシュガードも用意していましたが、日焼けのあとが付くと嫌なので着ていませんでした。
海の中では切れたりしても気が付きにくいので、そういう点でも本当はラッシュガードなどを着た方がいいのでついつい。

日焼けでヒリヒリ具合が増してきたので、30分ほどで海から上がりました。
この日のシュノーケルはこれで終了し、冷却のためにプールに移動しました。

 

スポンサード リンク

2013年11月6日 4:22 PM | カテゴリー:2012年グアム旅行記