そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

プールで一休み@ニッコーグアム 2012年グアム旅行記17(3日目)

グアムニッコーウォータースライダー写真

ガンビーチのシュノーケルのあとは、ニッコーグアムのプールで一休み。
綺麗な庭を眺めながら、気持ちのいい時間でした。
ウォータースライダーがあるのですが、ちょっと怖いので乗りませんでした。2012年5月グアム旅行17(3日目)です。

プールで一休み

ガンビーチでシュノーケルを満喫した後は海から上がって、日焼けした体を冷やそうとプールに移動しました。
ニッコーグアムのプールは綺麗な庭の中にあり、メインプールと子供用プールが2つ、そして結構長いウォータースライダーがあります。

メインプールに入ったのですが、最深部は6ftくらいあるので足が届きませんでした。
プールの水温が高かったのでそんなに体を冷やすことは出来ませんでしたが、浮いているだけで気持ちよかったです。
繁忙期ではないのでプールの周りのパラソル付のチェアには空きがありました。

2012gum1702ニッコーグアムのプールはそんなに大きくありませんが、ウォータースライダーは70メートルほどあります。
毎日のように、子供たちが楽しそうに何度も滑っていました。
大人も利用できますが、利用者の9割は子供たちでした。

ビーチマットが用意してあるので、水着が痛まないようにそれを敷いて滑るようになっています。

2012gum1703滞在中に一度くらいやってみようと思ったのですが、TenCoはジェットコースターなどこの手のものが苦手なので悩んでいました。
どのくらいのものかずっと観察していたのですが、かなり大柄な外国女性が滑っているのを見て怖くなってしまいました。

その女性がカーブに差し掛かったとき、スライダーから大量の水がこぼれてきました。
その女性は最後に着水するときも明らかに子供たちより勢いがありました。
水しぶきを競う競技だったらその女性が一番だったでしょう。
加速がつきすぎて勢いあまってカーブでスライダーから飛び出しても大変なので、この日は滑るのをやめました。

日焼け後のクールダウンのつもりで入ったプールでしたが、さらに日焼けをしたようなので上がることにしました。

プール横のシャワーを利用していると、そこに中国系のお婆さんと4、5歳くらいの男の子が来ました。
しばらくするとお婆さんがその子に強い口調で何やら言っていたので振り返ってみました。

すると何を思ったのか子供がお婆さんに言われて用を足してました(汗)
ダイレクトにこちらに向かって流れてきました。
すぐ目の前にトイレがあるに、理解が出来ませんでした。
彼らにしてみればそれが当たり前の行動なのでしょうが、こういうのはマナーとして一般的に凄くよろしくないと思います。

そんなことを思いつつ、用を足し終えた男の子と目があったので笑顔で会釈。
みんな国によって文化や習慣が違いますから、こういう場面に遭遇するのも海外旅行ならではの体験だと思います。

部屋に戻ってアロエジェルなどを塗ったのですが、日焼けしたところがちょっとやばくなってきました。
一気に日焼けすると痛いのが分かっているのに、ここぞとばかりに焼きダメしようとして。
毎回毎回どうしようもないですね。

でもにプールも気持ちよかったです。

 

スポンサード リンク

2013年11月6日 4:22 PM | カテゴリー:2012年グアム旅行記