そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

ダイヤモンドヘッドでヘットヘト 2008年ハワイ旅行記16(5日目)

景色写真

特別行きたかったわけではなかったのですが、ダイヤモンドヘッドを登ることになりました。
ガイドブック等には初心者向けとありますが、後半は辛かったです。
頂上からの景色は綺麗でしたが、混雑がひどかったです。

ダイヤモンドヘッドトレイル

TenCoは特別ダイヤモンドヘッドに登りたかったわけではなかったのですが、同行者がどうしても行きたかったので付き合うことに。
ダイヤモンドヘッドまでは車で行きました。
はい、モンドダイヤドッヘです。

バスでも行くことが出来ますし、オプショナルツアーもあります。
オプショナルツアーがあるということは、それだけ人気があるということなのでしょう。
登り始める場所はクレーター(山の内側)からです。
少し不気味なトンネルを抜けるとクレーターに出ます。

ダイヤモンドヘッドトンネル写真

ホテルの移動日だったので、背中にはパンパンになったリュックを背負っての山登りです。
しかも夏真っ盛りで雲ひとつない快晴でした。

看板がある辺りがスタート地点です。
コンクリートで舗装された道が続いており、傾斜はとても緩やかでした。
これなら楽勝だと思いました。
TenCoはスニーカーで来ましたが、中にはサンダルで来ている人もいました。

15分ほど歩くと道路が狭くなり、砂利道になりました。
少しデコボコしているので、ビーチサンダルでは少し危ないと思います。
道幅は人がすれ違うとあまり余裕がなくなるくらいでした。
傾斜はそんなに急ではないので、息が切れるほどではありません、まだ。

30~40分ほどしたら海が見えてきました。
傾斜は徐々にきつくなってきますが、まだ息は切れません。

でも日差しが強かったので、汗は止まりませんでした。
汗が止まらない理由は背負っているリュックにもありました。
背中全面を覆い、熱がこもっていたからです。
中身はパスポートなどの貴重品、ペットボトル(計3リットル)、ノートパソコン、カメラその他で10キロ以上ありました。

重いのはいいのですが、背中が覆われているだけですごく熱くなります。
試しにリュックを手で持ってみたら、ウソのように涼しくなりました。

ホテルの移動日に来るのではなかったと思い始めた頃、目の前に細くて急な長い階段が現われました。

階段写真

階段横には太目の女の人が苦しそうに座り込んでいました。
大丈夫か声をかけてみたら、休んだら登るから先に行ってと言われました。

この階段が結構しんどかったです。
手すりなどがあるのですが、止めている金具の根元が錆びていたりしたので、あまり頼らない方がいいかも!
塩害地域なのに、なぜステンレス製を使わないのでしょう?

階段を昇りきると今度は洞窟です。
いやトンネルですね。

トンネル入口写真

中は暗く狭いです。
天井も低いし、通っていてあまり快適な場所ではありません。

トンネル内写真

そして最後は螺旋階段、これも狭いです。
上から降りてくる人もいるので、順番に通りました。

螺旋階段写真

最後は岩の隙間から外に出ます。
リュックを背負ったままだとぶつかって通れないくらいの高さでした。

頂上写真

初心者向けのトレッキングコースということでしたが、結構疲れました。
何が疲れたかって、最後の階段付近がです。
荷物を背負っていなければどうってことはなかったのですが、重い荷物を背負ってでは疲れます。

でも頂上から見る景色は綺麗でした。
これで天気が悪かったら最悪ですが、いい写真が撮れたので良かったと思います。
汗をかいて登ってきたからのご褒美なんていう人がいますが、ケーブルカーがあったらTenCoは何もためらうことなく乗ります。

頂上は身動きが取れないほど混んでいたので、展望台の上には上がれませんでした。
もう少し空いている時間を狙ってくれば良かったかも。

景色を見るためだけに時間を割いて苦労して登るかどうかは、人それぞれだと思います。
一つだけ言えることは、自分で実際に行ってみないと分からないということです。
ご高齢の方や普段あまりに運動してない人は行かない方がいいかもしれません。

ラハイナヌーン

帰りは来た道を降りていきました。
これから登る人・降りる人、たくさんの人がいました。

スタート地点まで戻って、シェイブアイスを買いました。
暑い日だったので大盛況でした。
買ったのはもちろんレインボー。

味はというと、甘すぎてイマイチかな。
暑いのであっという間に氷が溶けていきました。

この日はラハイナヌーンと呼ばれる日で(正確には、お昼頃に太陽が真上に来るのです。
その証拠に、フラドールの影が真下にしかないのが分かるでしょうか?
それは暑いですよね。

フラドール写真

こんな日にダイヤモンドヘッドに登らなくても良かったかな?
でもホテルの移動日だったから、スケジュール的にはちょうど良かったのかな?

汗だくになった体をシェイブアイスでクールダウンして、一休みしてからダイヤモンドヘッドを後にしました。
ホテルのチェックインまでまだ時間があったので、次はワイケレプレミアムアウトレットに行ってみることにしました。

 

スポンサード リンク

2014年9月11日 12:23 AM | カテゴリー:2008年ハワイ旅行記