そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

イブニングレセプションとビーチウォーク散歩 2008年ハワイ旅行記19(5日目)

2008hi1901
エンバシースイーツにチェックインした後は遠出はせずに、のんびりと近くをぶらぶらすることにしました。
イブニングレセプションではショーを見ながらカクテルを飲みました。
日が落ち始めてからワイキキビーチウォークを散歩しました。

イブニングレセプション

エンバシースイーツでは宿泊者が無料で参加できるイブニングレセプションがありました。
ホテルを移動したりダイヤモンドヘッドに登ったり買い物に行ったりでちょっと疲れたので、遠出はせずにホテル周辺でゆっくり過ごすことにしました。
せっかくなのでイブニングレセプションものぞいてみることに。

まだ時間が早かったので、海まで歩いていきました。
エンバシースイーツの客室は非の打ち所がないほどに快適なのですが、海へのアクセスはよくありません。
海までは歩いて5分もかかりませんが、ハレクラニの横の小道を抜けていかなければなりませんでした。

この小道がリゾート感ゼロで、厨房から出てきたコックさんがタバコを吸っていたり、夜になったらちょっと怖そうだなという雰囲気でした。
小道を抜けるとビーチに出るのですが、ダイヤモンドヘッドがよく見えます。
でもビーチはすごく狭いので、静かにすごしたい人向けですかね。


しばらく景色を眺めたり写真を撮っていたらイブニングレセプションの時間になったので、エンバシースイーツに戻りました。
ワイキキビーチウォークはまだ工事中のところも多かったのですが、新しいだけあってデザインも近代的でした。
エスカレーターの屋根がガラスで出来ていたりと、高層ビルの間でも光が取り込めるような工夫がしてありました。

2008hi1904
イブニングレセプションが行われる場所は小さなホールのようになっており、ハワイアンミュージックのバンド演奏が行われていました。
思っていたより多くの人が集まっていました。


ちょっとしたおつまみとカクテルが無料でした。
カクテルは何種類かあり、隣のバーカウンターで好きなものを頼めるようになっていました。

カクテルは無料なのですが、カウンターに置かれているチップボックスが無言の圧力をかけてきます。
半数弱の人は入れていませんでしたが、TenCoは作ってもらうたびに$1入れました。
向こうのサービス業の人にっとては、給料に締めるチップのウェイトって無視できないものですからね。

2008hi1909

生演奏を聞きながらのんびり過ごしました。
中には出来上がってしまって、大声で一緒に歌っているお客さんもいました。
でも気をつけないとここにも鳥がいるので、ちょっと目を離すと食べ物を突かれてしまいます。


特別におもしろいイベントというわけではありませんが、ちょっとのんびりするにはちょうど良かったと思います。

ワイキキビーチウィーク散歩

暗くなり始めた頃、ワイキキビーチウォークを散歩しに行きました。
人通りはぼちぼちという感じで、暗くなってもまだまだ賑わっていました。

YARD HOUSEで夕食を取ろうと思っていたのですが、すでに満席で待っている人もいたので諦めました。
店内をのぞいてみたら飲んでいる人がほとんどで、みんなかなり盛り上がっていたので出てくる気配はありませんでした。
たぶん1時間待っても入店できなかったと思います。

イブニングレセプションで野菜スティックなどを食べたおかげでそんなには空腹ではなかったので、ABCで買ってきて済ますことにしました。
目的もなくしばらくぶらぶらと歩いていたのですが、炎に照らされた植物が綺麗でした。


まだ工事中のところもあるので、おそらく次回来るときはもっと賑やかになっているのでしょう。
変わらぬままでいて欲しいという気持ちもありますが、行くたびに新しい発見があるのもハワイの魅力のひとつなのでしょう。

 

スポンサード リンク

2014年9月25日 12:00 PM | カテゴリー:2008年ハワイ旅行記