そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

サンセットビーチでシュノーケル@ウミガメに遭遇 2008年ハワイ旅行記21(6日目)

2008hi2201

高速道路を使わずに東回りでのんびりドライブをしましたが、2時間以上かけて本来の目的地であるノースショアに到着しました。
どこで海に入ろうか迷ったのですが、この日はサンセットビーチでシュノーケルすることにしました。
ワイキキの海と比べると人が少なく、海亀と一緒に泳ぐことが出来ました。

たくさんあるノースショアのビーチ

高速道路を使用すればワイキキから1時間ちょっとで到着するノースショアですが、東回りで下道をドライブしてきたのでちょっと時間がかかりました。
ノースショアに入るとワイキキとはまったく違う田舎道が現れます。

2008hi2202

 

道路の右側はすぐ海で、このいかにもという雰囲気がノースショアの魅力だと思います。
住んでみると多少不便なこともあると思いますが、車社会なので車さえあればそうではないのかなとも思います。
慣れの問題ですかね。

ノースショアにはたくさんのビーチがあり、それぞれ名前が付いています。
またサーフスポット(ポイント)にもそれぞれ名前が付いています。
パイプラインとかバッグドアとか、ハワイにいったことある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

とりあえずワイメアベイまで行くつもりですが、時間が遅いのでワイメアベイビーチパークの駐車場が満車の可能性もあるので、途中のビーチの様子をちょこちょこ確認しながら行きました。
ビーチの目の前に無料で車が停められるようになっているところが多く、サイクリングロードみたいなところもあります。
ちゃんとした駐車場もあるので、間違っても他人の家の前とかに駐車しないように気をつけましょう!

冬の間は大波の立つノースショアですが、夏の間は穏やかな日が多いです。
といっても注意の看板等が出ているので、ライフセーバーが入るところで入水するのが望ましいと思います。
ちょっと年季の入った看板ですが、いい味が出ていてカッコいいです。

2008hi2209

ワイキキビーチと比べるとどこもガラガラですが、比較的混んでいたのがププケアビーチでした。
岩場に囲まれて天然のプールのようになっており、多くの人がシュノーケルを楽しんでいました。

上から見ると水がきれいでなかなか良さそうな場所だったのですが、ちょっと水深が浅そうなので迷いました。
シュノーケルするなら浅い方がいいという方もいますが、あまり浅いと逆にやりにくいです。
TenCo的にはフィンを履いても足が届かないくらいの深さが欲しいです。
あとはお昼寝しにくそうだなと。

サンセットビーチでシュノーケル

いろいろなチェックをしながら、ワイメアベイビーチパークに到着しました。
駐車場待ちの車が何台かぐるぐる回っていたので、今までチェックしてきたところのどこかに戻ることにしました。

いろいろと考えたのですが、この日はサンセットビーチでシュノーケルすることにしました。
道路を挟んで海と反対側に駐車場とトイレがあるのですが、海側に停めました。
人はまばらできれいな海とビーチ、とてもよい感じでした。

砂は茶色がかった白色で水はクリア。
波はほぼフラット、風も弱く天気も晴れ、思っていたより海水温が低かったのですが、申し分ない環境でした。

車を降りたら荷物を下ろし、ビーチの車が見えるところに陣取りました。
さっそくマスクとフィンをつけて海に入りました。
波の痕跡なのか、海底の砂が波模様になっていました。

何度か冬の大波を見ているので、大波が来ないか気になってちょくちょく沖のほうを見たりしてしばらくはちょっと落ち着きませんでした。
グアムのようにうじゃうじゃ魚がいるわけではありませんでしたが、小さな魚がちょこちょこと姿を現しました。

 

綺麗な珊瑚も生息していました。
ビーチは砂ですが、海底は珊瑚や岩になっているところが多かったです。
前に『ノースショア』という映画の中で珊瑚で背中を怪我するというシーンがありましたが、この水深で大波が立つのだからなるほどなと思いました。

1時間弱シュノーケルをしてとりあえず大まかな様子が分かったので、一度ビーチに戻って休憩することにしました。
ジリジリ照り付ける太陽が気持ちよく、ちょっとお昼寝しました。

暑くなってきたので再びシュノーケルにしいきました。
海の中は先ほどと同じような様子でしたが、しばらくすると大物が現れました。
ウミガメです。

亀はノロいというイメージがありましたが、海の中だと結構優雅に素早く泳いでいました。
人が触ってはいけない事になっていますが、そのせいか人を見ても逃げませんでした。
意外な大物出現でテンションが上がりました。

1時間以上海に入っていたでしょうか、しばらく海がめを眺めていました。
これは運がよかったのかな?
鶴は千年、亀は万年、縁起がいいと少しうれしくなりました。

何度か休憩しながらシュノーケルをしていたのですが、日焼けでちょっと疲れてきました。
サンセットビーチだから暗くなるまでいてもいいかななどとも思いましたが、夜の道は危険だし、夏は日が長いので3時くらいで切り上げて帰ることにしました。

入場料を払ってビデオ講習まであったハナウマベイより面白かったです。
何といっても混雑してないのがいいですね。
せっかくなので翌日もこっちの方にシュノーケルしに来ることに決めました。

無理な行動は事故や怪我の元なので、ちょうどいいタイミングで切り上げたと思います。
亀さん、またいつかどこかで。

 

スポンサード リンク

2014年10月16日 1:51 AM | カテゴリー:2008年ハワイ旅行記