そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

旅の相棒、カメラを買わねば 2012年ハワイ旅行記5(準備)

ヘッダー画像(デジカメ写真)

何だかんだであっという間に年の瀬がせまってきました。
間もなく出発というのに、旅の相棒であるカメラがありませんでした。
一眼レフを買おうと思っていたのですが、今回は別のものにしました。

縁の無い一眼レフカメラ

長年使っていたカメラ:Xactiが召されてしまって以来、TenCoにはデジカメがありませんでした。
xactiを購入したのはゴルフの練習で自分のフォームを録画しようとしたのがきっかけでした。
その後旅行のときなどに、いろいろと活躍してくれました。
デジカメとしては中途半端、ビデオとしても中途半端という人もいますが、TenCoは気に入っていました。

またXactiを買おうとも思ったのですが、今度は背景をぼかすことの出来るカメラが欲しいと思いました。
デジカメなんて画素数さえ高ければ性能がいいと思い込んでいたTenCoでしたが、調べてみたらそれが全くの間違いだと知りました。
カメラの世界は奥が深いようで、よくカメラが趣味の人は真面目な人が多いといわれるのが分かったような気がしました。

最初にミラーレス一眼というものがあると知り、興味が沸きました。
さっそくカメラ屋さんでいじったりしていたのですが、いつしかちゃんとした一眼レフの方がいいのではないかと思い始め、かなり買う気になっていました。

携帯性という面ではキャノンのS100というのも気になっていました。
迷って悩んだ結果、荷物になるのを覚悟で一眼レフを買う気になりました。

ハワイ出発まであとわずかとなったのですが、年末はいろいろと忙しく大晦日前日まで予定が入っていました。
大晦日に購入して、正月に最低限の使い方を練習する、そのつもりでした。

保障があった方がいいので、カメラのキタムラに買いにいこうと思いました。
ネット上で評判が良さそうだったからです。
ホームページで店舗を検索して、ショッピングモールに入っているカメラのキタムラに行ってみました。

ところがそこには写真の現像をする小さなお店しかなく、安いコンパクトデジカメがいくつか置いてあるだけでした。
ホームページにカメラ販売って書いてあったのに・・・・・・

これにはガックリ。
大晦日で他のお店も閉まりだし、もう諦めることにしました。
冷静に考えれば、たった1日で一眼レフの使い方を覚えられるはずもありません。
今回は縁が無かった、きっと買うなということですね。

一眼レフカメラは、またご縁のあるときに。

意外と高性能な安物カメラ

デジカメ写真一眼レフカメラは変えなかったのですが、さすがにカメラが無いのはまずいと思い正月早々COSTCOに行ってきました。
パナソニックの7000円のカメラがあったので、使い捨てのつもりで買うことにしました。
タッチパネルが使いにくそうでしたが、使い捨てだと言い聞かせて。

ところがなかなか綺麗に写るので、普段用として買っておいて損はなかったと思いました。
この値段なら盗まれても諦めつきますし。

DMC-FH7というカメラで、タバコの箱より小さいくらいのカメラです。
圧力式のタッチパネルなので少し反応が悪いのですが、この値段でこの性能なら十分です。

電源スイッチがスライド式なのでポケットに入れておくといつの間にかONになっていることがあるので、カバーなどを買った方がいいかもしれません。
私はこのスイッチが好きではありません。

デジカメ写真2この手のモノは日々進化しているので、安いからといって馬鹿にしてはダメだと思いました。
次に行くときはもう少しいいカメラを買いたいと思いますが、しばらくの間はこれが旅の相棒です。
ただスマートホンに慣れている人には、この手のタッチパネルは操作しにくいと思います。

これで準備は整いました。
あとは出発するだけです。

 

スポンサード リンク

2013年10月31日 7:00 AM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記