そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

やっとチェックイン、ワイキキビーチタワー 2012年ハワイ旅行記14(1日目)

ワイキキビーチタワーエントランス写真
チェックインまでの時間つぶしを兼ねて買い物に行っていましたが、やっとチェックインです。
チェックイン前だというのに、ものすごい荷物の量。
今回の部屋は16階でした。
予想以上に買い物の荷物が多かったのでベルの人に運んでもらいました。

やっとチェックイン

ワイキキビーチタワーアプローチ写真ワードセンターズからワイキキビーチタワーまで、10~15分ほどで着きました。
車をつけるとさっそくお出迎えで、ドアを開けてくれました。
ドアを開けてくれたベルの人は、前回来たときにいろいろと仲良くお話していた人です。

「あっ」という顔をしたので、「覚えている?」と聞くと「もちろんだよ」と言ってくれました。
前回来たときにプロボウルに行ったと事で話が弾み、それで覚えていたのでしょう。
そのときに結婚式もしてますしね。
なおかつTenCoは目立ちますから。

ワイキキビーチタワーはそんなに大きなところではないので、スタッフの方も顔を覚えやすいのだと思います。
ここのベルの方たちはみんなすごく親切ですし、すれ違う度に笑顔でシャカ(親指と小指を立てる挨拶のジェスチャー)をしてくれます。

1フロアーに4部屋しかないので、何泊かしているとどこの部屋かもだいたい覚えているのではないかと思います。
何泊するのかなどと世間話を終えたところで、買い物した荷物を部屋に運ぶようにお願いしてチェックインの手続きに行きました。

朝書類にサインを済ませていたので、手続きはすぐに終わりました。
案内されたのは16階の部屋です。

ちなみに前回は32階だったのですが、今回は部屋のグレードを下げて予約してます。
みんなもう少し出してくれればもっと景色のいい部屋に行けたのですが、そういうのはあまり興味がないみたいでした。

エレベーターの中とかで自分より上の階の人がいると、その人に対してやっかみみたいな感情を抱いてしまうのはTenCoだけでしょうか?
TenCoだけでは高くてここに泊まることは出来なかったので、文句は言えませんね。
あまり上の階だと停電とかになったときに大変ですから、ほどほどがいいのです。
むしろ16階にしてくれたフロントの人に感謝です。

大量の荷物にビックリ

ワイキキビーチタワーロビー写真ワイキキビーチタワーのロビーですが、あまり広くありません。
20畳ほどのところにソファーとテーブルが2セット置いてあるだけです。
フロントはロビーの右側にあり、その奥にエレベーターがあります。
エレベーターは左右に2基ずつあります。
部屋番号の下二桁が01と02は右側、03と04は左側のエレベーターを使います(海を背にした向きです)
01・02号室側と03・04号室側の間には扉がありますが、鍵がかかっていなければ同フロア内で移動が可能です。

1フロア4部屋なので、1部屋につきエレベーター1台の贅沢な仕様です。
ルームキーをもらったあと、車に荷物を取りに行きました。

COSTCOで買ったものが予想以上に大量で、ベルの人がカートに積み込んでいました。
初日から大量に買い物をしていたので、ビックリ&笑っていました。
ベルの人に荷物をお願いし、一足先に部屋に行きました。

ここでみんなにルームキーを配りました。

「ルームキーは絶対に無くさないでくださいね」

「本当にルームキーは無くさないでね」

しつこいようですが、絶対に無くさないように2回念を押しました。
※そういったにも関わらず、後日無くす人が現れるのです・・・・・・(汗)

先ほどのベルの人によりすぐに荷物が運ばれてきました。
入り口に置いてくれればいいと言ったのですが、ちゃんと中まで運んでくれました。

TenCoはこのベルの人が好きなので、多めにチップを渡しておきました。
こうして到着して7時間以上経ってから、やっとチェックインすることが出来ました。

 

スポンサード リンク

2013年11月6日 6:00 AM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記