そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

テディーズバーガー、ある意味事故のポテト祭り 2012年ハワイ旅行記17(1日目)

ハンバーガー写真

チェックインをして荷物を片付けたところで、とりあえずワイキキを散歩することになりました。
DFSはかなり雰囲気が変わっていました。
この日の夕食はテディーズバーガーにすることにしたのですが、ある意味事故でポテト祭りに。

変わったDFS

片付けも一段落して、ワイキキ周辺を散策することになりました。
外はまだ明るいのですが、空はオレンジ色に染まり始めていました。
まずはDFS方面に向かって歩いていきました。

街並みが大きく変わっているところはありませんでしたが、新しいお店がちらほらと。
ハイアットリージェンシーの下にUGGが出来ていたのですが、入場規制がかかり入り口には20人ほどの行列が出来ていました。
かなり安く買えるようで、同行者も後日購入してました。

街中でUGGを履いている日本人の若い子が何人もいましたが、かなり浮いて見えました。
あんなモコモコしたものを履いて、足が臭そうだなと思ってしまいました。
ここは南の島ですからねぇ(汗)

いろいろなお店をのぞきながら、インターナショナルマーケットプレイスに着きました。
インターナショナルマーケットプレイスの前でいつもスチールパンバを演奏している人がいるのですが、今回もいました。
このスチールパンの不思議な音、心が癒されます。

道路を挟んで向かい側にはアップルストアがあります。
アップルストアでSIMロックフリーのiPadを買いたかったのですが、第3世代iPadの発売が目前だったんので今回は諦めました。

特に用はなかったのですが、DFSに行きました。
ここも言わずと知れた定番スポットです。

いつもDFSに入るには帰りの航空券を提示してカードを作ってもらう必要があったので、全員の航空券を持って行きました。
カウンターに行って航空券を提示すると、「航空券は必要なくなりました」と言われました。
どうもそのまま中に入れてしまうようです。

エスカレーターを上がり中に入りました。
相変わらずブランド品や化粧品のお店が軒を連ねていました。
しかしあまり客が入っていませんでした。

興味のあるお店をチェックして行ったのですが、誰も何も買いませんでした。
日本人のたくさんいる年始のこの時期に、DFSがこんなにガラガラだとは思いもしませんでした。

航空券を提示しなくても入れるようになったのはいいですが、何か方針を間違えてしまっているのではないかと思いました。
DFSよりアラモアナの方が安かったりするので、DFSというもの自体が転換期なのかもしれませんね。

ペニーズスモーギーが無くなってた

DFSからクヒオ通りに出ました。
辺りは暗くなり始めていました。

気になるお店をのぞきながら、フードパントリー方面に向かいました。
TenCoはホクワイヤレスという電話屋さんで携帯電話のSIMカードを買いたかったのですが、暗かったからか見つけることが出来ませんでした。
携帯電話は以前来たときにホクワイヤレスで買ったもので、一番安い100ドル程のモノです。

携帯電話をレンタルしてもいいのですが、私のはプリペイド式なので無くしたり壊したりしても被害は少ないので、TenCoはこちらの方が安心です。
保険に入っているから、レンタルでもいいのですけど。
この時はみんないたので悪いから、携帯屋さんは後日探すことにしました。

今回も1度くらいは行ってみようと思っていたペニーズスモーギーですが、残念なことに別のお店に変わっていました。
新しいお店もビュッフェスタイルのお店のようでしたが、ディナーで30ドルを超えていたので興味を持てず、どんなお店かはチェックしませんでした。
ペニーズスモーギーは美味しいわけではなかったですが、安いから行ってたわけで。
30ドル払うならTenCoは別なお店で好きなものを食べた方がいいと思いますが、お客さんは結構入っていたように思います。

他に変わったところは、日本の丸亀製麺が出来ていました。
道路に50人くらい並んでいました。

TenCoは食べたことがないのですが、和食が恋しくなってきたらいいかもしれないですね。
「MARU GAME」ではなく「MARU KAME」と書いてあったのですが、ウソかホントかGAMEだとゲームと読んでしまうからだと友人が言ってました。

フードパントリーに寄りビール等を買いました。
お店から出るとスコールにあい、少々足止めを食いました。
ビールが重かったので、荷物を置きに一度宿に戻りました。

ポテト祭り(テディーズバーガー)

夕食の話になりました。
どこかに食べに行こうと思いましたが、初日なのでみんな疲れが出ているようでした。
部屋も広いので、何か買ってきて部屋で食べようということになりました。

テディーズバーガー(テディズビガーハンバーガーズ)のハンバーガーを食べることになりました。
日本にも何店舗かあるので、結構有名なお店だと思います。

為替レートによりますが、価格は日本の半額くらいです。
いや日本の価格が倍というのが正しいでしょうか。
さっそくみんなで買いに行きました。
テディーズバーガーの場所は動物園の前あたりにあります。

カラカウア通りをカピオラに公園方面に進み、アストンワイキキビーチホテルを過ぎて左に曲がってすぐのところにあります。
お店の中に入るといつも通りの行列が出来ていました。

注文するのに20分程並びました。
注文は3組に分かれました。
TenCo達はテリヤキのモンスターダブル・ビッゲストとオリジナルのモンスターダブル・ビッゲストにトッピングを少々、それにオニオンフライを注文しました。

ところが対応した店員が新人だったらしく、対応があたふた状態。
紙にまで書いて説明しているのに、分かったような分からないような・・・・・・

注文したあとは音がなる機械をもらうはずですが、もらいませんでした。
TenCoたちの分だけなかなか出てきませんでした。

偉そうな店員さんを捕まえて、「何で後から注文した人の方が先に出てくるの?」とクレームを入れました。
そしたらさっきの店員がちゃんと処理してなかったようで、大急ぎで作り始めていました。

普段温厚なTenCoも、待つことが嫌いなのでこれには少しイライラ。
5分後に出来上がったのですが、信用ならないから中身を確認したら、単品で注文していたものが全部コンボになっていました。

だからお会計が少し高かったのだと思い、「コンボは頼んでいない」と言いました。
誰が注文を取ったかと聞かれたので答えたのですが、当の本人は気まずそうに目をそらしていました。

商品はそのままで返金するということになったのですが、混んでいてめんどくさそうだったので「もういいよ」といい、そのまま持ち帰ることにしました。

ちなみにTenCoは英語がペラペラという訳ではないですが、こんなことになったことは一度もありません。
全く話せない友人夫婦とお嫁さんの父も問題なく買えていたわけですし。

最初の夕食からしてやられたわけですが、やっぱりテディズバーガーは美味しかったです。
前は紙でハンバーガーを包んでいたのですが、硬い容器に変わっていました。
紙だと手が厚いし、時間が経つと悲惨なことになるので、それで改善されたのでしょう。

一番の問題はその大きさですがね。
料理には適度なバランスというものがあると思います。
ハンバーガーを縦に高く積んで大きさを誇っている馬鹿みたいな店がありますが、あんなのバラさないと食べられないのだから料理とは呼べないと思えます。
ここのは横に大きいので、よしとしましょう。

食卓写真一種の事故で買うことになったポテトですが、全員の分を合わせたらものすごい量になりました。
まさにポテト祭りです。
みんなしばらくはポテトが食べたくない状態になったのは容易に想像できると思います。
食後に翌日の予定を決めました。

ある程度プランは考えてあったのですが、天候次第で調整することになっていました。
翌日は天気が良さそうだったので、ノース方面に行くことにしました。

大好きな黄金色の泡の出る液体を飲みながら、この日は早めに就寝しました。
全員昼寝することなく夜まで持ちこたえられて、よかったのではないかと思います。

 

スポンサード リンク

2013年11月7日 6:00 PM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記