そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

久しぶりにこっちのビール 2012年ハワイ旅行記18(1日目)

ビール写真
ハワイには日本には売っていないビールが数多くあります。
久しぶりにこちらのビールを飲みました。
SIERRA NEVADAをはじめ、この気候にビールはやっぱうまい。

いろいろなビール

夕食と共にビールも飲んでいたので、ビールについて少し触れます。
ハワイにはいろいろな種類のビールが売っています。
日本の大手メーカーのビールも売っていますが、幅を利かせているのは米国大手メーカーもモノです。
ハイネケンなども人気のようです。

地元の人はビールに氷を入れて飲む人が多いようです。
初めてハワイに来たときにそれを見て驚きましたが、今では抵抗がなくなりつつあります。
バドワイザーやクアーズなど、1本1ドル弱で売っています。

日本の第3のビール程度の価格でビールが買えてしまうので、ビール好きならば飲まない手はありません。
「乾杯といえばまずビール」というほどビールというのはお酒の席での定番の飲み物として定着していますが、いろいろな種類があるのはご存知でしょうか?

大きく分けると上面発酵と下面発酵のものに分けることができます。
これは酵母の種類です。
上面発酵のものなら、エール、ペールエール、ブラウンエール、ポーター、スタウト、ケルシュ、ヴァイス等。
下面発酵のものなら、ラガー、デュンケル、シュバルツ、ピルスナー、ボック等。

日本の大手ビールメーカーのものはほとんどが下面発酵のものですので、上面発酵のものを口にする機会はそんなに多くないと思います。
地ビールなどはいろいろな種類のものがありますが、全体の流通量から見ると多くはありません。
ハワイでは下面発酵のビールだけでなく、上面発酵のビールも普通に売っています。

前にいろいろな種類を購入して試飲したのですが、そのときTenCoが気に入ったのがSIERRA NEVADA(ペールエール)というものでした。
日本ではあまり流通していないので、口にするのは前回ハワイ旅行以来です。
※美味しいかどうかは個人の好みやそのときの体調などにもよりますので、あくまでもTenCoの感想です。
少しフルーツのような爽やかな香りがします。
この香りは酵母によるものらしいです。
酵母自体は日本国内でもホームブルワリーのお店でいろいろなものを手にいれることが出来るそうです。

ビール写真久しぶりに飲みましたが、SIERRA NEVADAはやはりうまかった!
ハワイのビールでいうと、コナビールのBIG WAVE、FIRE ROCK、LONG BOARDなどが有名です。
ちょっと前に復活したPROMOビールも売っていました。

これらのビールは日本でも普通に購入することが出来きます。
またハワイ料理のお店などに行けば、大抵置いてあると思います。
いろいろなものが売っているので、せっかく遠くまで来ているのだから片っ端から試してみるのもいいと思います。
TenCoが前から気になっているもので、ハイネケンの簡易ビールサーバーがあります。
5リットルくらいの缶で使い捨てになっているもので、スーパーなどで普通に売っています。
ハイネケンも好きなので今回こそ買おうと思ったのですが、飲みきれなさそうなので断念しました。

お酒の購入

最後に、お酒の購入についてです。
日本では20歳からお酒を飲むことが出来ますが、ハワイでは21歳からです。
21歳以下では購入も出来ません。

お酒を買う際の年齢確認も厳しいです。
これに関しては徹底しているようで、ほとんどの場合顔写真つきのIDの提示を求められます。
日本人は童顔なので、余計に若く見られるらしいです。

TenCoは童顔ではありませんが、IDの提示を求められることが多かったです。
ワイキキ周辺なら日本の免許証でも平気なところがありますが、基本はパスポートの原本です。
パスポートのコピーでは買うことが出来ませんでした。
TenCoは失効しているハワイの仮免許を持っていたのですが、それは使えました。

お酒は販売時間も決まっています。
深夜0時から朝の6時までは、年齢に関係なくお酒を購入することが出来ません。
せっかくの旅行なのだから、お酒が買えなかったなどとならないように気をつけましょう。
またビーチなどの公共の場所での飲酒も禁止なので、こちらも注意しましょう。

2013年11月8日 6:00 AM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記