そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

恒例のアロハスタジアムスワップミート 2012年ハワイ旅行記30(3日目)

アロハスタジアム写真

恒例のアロハスタジアムのスワップミートに行きました。
ここもすっかり有名ですが、スタジアムの外周に多くのお店が並びます。
ブラブラ歩きながら、掘り出し物を探しました。

スワップミート

スワップミート(SWAP MEET)とはあまり聴きなれない言葉かもしれませんが、フリーマーケットのように屋外で行われる青空市です。
当初は地元の人のためのためのマーケットという感覚で開催されていたと思いますが、現在では観光客にもすっかりお馴染みのイベントとなっています。

アロハスタジアムのスワップミートの他に、カムドライブインシアターのスワップミートも有名です。
カムドライブインシアターの場所は、パールリッジセンターのすぐ横です。
規模はアロハスタジアムの方が断然大きいです。

カムドライブインシアターのスワップミートに一度行ったことがあるのですが、こちらは地元の人の不要品が満載で、ガレージセールような感覚でした。
一方、アロハスタジアムのスワップミートは観光客向けの商品が多いので、縁日のような感じです。

両方とも開催日は水・土・日(変更等があるかもしれないので確認してください)なので、気になる方はハシゴしてみるのもいいのではないでしょうか。
レンタカーがなくてもバスで行くことが出来ます。

銅像の写真アロハスタジアムのスワップミートは、スタジアムの中ではなく駐車場(外周)で行われています。
スタジアムを囲うように、二重から四重くらいの円形にお店が並びます。
水曜日よりも土日の方が出店数が多いように感じます。

朝6時から15時くらいまでやっていますが、あまり早い時間に行くと開店準備の出来ていないお店が多いです。
売っているものは、水着・Tシャツ・子供服などの衣類をはじめ、ジュエリー・石鹸・おもちゃ・ブリキの看板・お菓子など、かなりの数と種類が揃っています。

ほとんどのものは新品で、ワイキキ周辺のお土産屋さんよりも安く売られています。
高級ブランド品などは売っていませんが、見ているだけでも面白いと思います。

アロハスタジアム入り口写真なおアロハスタジアムでは年に数回大きなスポーツイベントなどが開催されるのですが、その時はスワップミートが開催されていないと思います。
スタジアムのホームページなどで、事前に確認しておいた方がいいと思います。

TenCoは前にプロボウルに行ったことがあるのですが、右の写真の下のところがチケット売り場です。
プロボウルに行くときは割高なプロボウル観戦ツアーなどを利用している人が多いと思いますが、簡単に日本から自分でチケットを購入できます。
※チケットの受け取りは現地です。
ここでは詳しく述べませんが、参考までに。

スワップミートで宝探し

目立った渋滞もなく、無事にアロハスタジアムに到着しました。
駐車場に入る途中にゲートがあるのですが、そこで入場料を払います。

入場料はたしか1人1ドルでした(前は50セントだったと思います)
駐車料金は取られません。
バスなどで行っても、入り口のところで入場料を徴収されます。

スワップミートの様子到着したのは8時半頃だったのですが、水曜日だからかまだ人も少なく、準備中のお店も多くありました。
飲み物などを売っているお店が少ないので、ペットボトル飲料を用意していきました。

また晴れると日差しが強いので、必要に応じて熱中症・日焼け対策もしておいた方がいいでしょう。
トイレに寄ってから回ることにしました。
トイレはスタジアムのフェンス沿いのところにあるので、回りながら場所を確認しておくことをおすすめします。

出店しているお店は、個人より業者の方が多いです。
同じようなモノを売っているお店も多いので、値段を比べながらとりあえず1周してみるのがいいと思います。

後から出店するお店も結構多いので、朝の場合は一周したらお店が増えていたりします。
大量に購入する場合は値切ることも出来ます。
フレンドリーな店員さんが多いので、積極的に話しかけてみるのも楽しいと思います。

TenCoがここで一番安いと思うものは、子供服です。
日本のデパートなどに行くと1着で数千円はしますが、ここでは3着で10ドルとかで売っています。
もちろんモノが違うんでしょうが、なかなかかわいいデザインがあったりします。

いろいろなお店をのぞきながら回ると、1周するのに1時間はくらいかかると思います。
1周してからTシャツを買いに行きました。

Tシャツといっても安物で、7枚で20ドルとかです。
サイズはS~XXXLくらいまであり、色やデザインも豊富です。

ビールのロゴに似せたものや、炭酸飲料のロゴに似せたものなど、面白かったんで購入しました。
帰国後に気が付いたのですが、襟のラベルを見たらあの有名メーカーっぽいモノでした。
マジックでペケが付いていたので、アウトレット品がどこかの経路から回ってきたのでしょう。
1枚あたり3ドル程度なので、悪い買い物ではないと思います。

他にはブリキの看板などを買いました。
看板の専門店があるのですが、いろいろなものが揃っています。

看板の写真探していたモノがありました。
海などにある警告の看板の小さいバージョンです。
大きいサイズのものはいくつか持っているのですが、この位のサイズの方が飾る場所に困りません。
価格は1枚10ドルですが、何枚かかったので割引になりました。

他には道路標識に似せたものや、昔のポスターみたいなデザインのものを買いました。
「HAREIWA」と書いてある標識ですが、これは鉄板が厚くてかなりしっかりしてます。
塗膜はちょっと薄いですが。
今回は12ドルで売っていました。
ついついいろいろなデザインが欲しくなってしまいますけど、そんなに重いものではないのでお土産にしても楽しいと思います。

ついつい衝動買いしてしまったものもあります。
木工細工のお店を通りかかったときに見つけたのですが、小物入れです。

一見何の変哲もありませんが、からくり箱のようになっています。
花や動物のデザインなど、30種類くらいありました。

お店の人が自分で作ったと言っていましたが、値段が10ドル程度だったので輸入品かもしれません。
お国柄なのか、製品の精度はそんなに良くありません。
箱根の寄木細工みたいにピタリとは閉まりませんが、そのラフさもいい味だと思います。

結局2週して、3時間弱いました。
雑貨などが好きな人には面白いところだと思います。
丸一日はいられないと思うので、何か他の予定と組み合わせれば時間を有効に使えると思います。

このあとはホテルに戻って、ワイキキビーチでのんびりすることにしました。

 

スポンサード リンク

2013年11月14日 6:01 AM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記