そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

ホクワイヤレスとFABRIC MART 2012年ハワイ旅行記33(3日目)

FABRIC MAET入り口写真

3日目にしてホクワイヤレスを見つけ、やっと携帯電話のSIMカードを買いました。
そのあとはFABRIC MARTに行きました。
FABRIC MARTではカーテンの生地を買いました。

ホクワイヤレス(HOKU WIRELESS)

携帯電話の写真ちょっと飲んで少し気持ちの良くなったところで、携帯電話のSIMカードを買いに行きました。
携帯電話はプリペイド式で、前に来たときに自分で買ったものです。

あまり好きなメーカーではないのですが、これが一番安かったのです(たしか99ドルでした)
使い方が慣れないので、結構使いにくいです。

リチウム電池にも寿命があるので、買った方が得なのかは微妙な線です。
自分のものなので、無くしても壊しても平気だという点では気が楽です。

前回携帯電話を買ったホクワイヤレス(HOKU WIRELESS)に向かいました。
クヒオ通りにあるのですが、夜だったからか初日に見つけることが出来ませんでした。

お店があった場所に行くと、空き店舗となっていました。
どおりで初日に見つからなかったわけです。

他のお店に行こうと思ったのですが、張り紙が目に入りました。
読んでみると、ワイキキトレードセンターに移転したと書かれていました。

ワイキキトレードセンターはすぐ目と鼻の先なので、そのまま行ってみました。
中に入るとすぐにホクワイヤレスを見つけることが出来ました。

店員さんにSIMカードを買うことを伝えると、いくらのにするのか聞かれました。
価格により有効期限が違うのです(たしか期限内に再チャージすれば期限が伸びます)

どうせしばらく来ないので、一番安いものにしました。
電話料も事前にチャージします。
国内通話と国際通話の料金は別々に設定します。
作業は5分ほどで終わり、支払いは30ドルか40ドルくらいでした。

やっと携帯電話が使えるようになりました。
携帯電話は無くてもいいような気もしますがやはり緊急時など何かあったとき困りますし、こちらに住んでいるお友達と連絡をするのに便利なのです。

FABRIC MART(ファブリックマート)

携帯電話のSIMカードを購入して一安心したので、次はFABRIC MART(ファブリックマート)に向かいました。
FABRIC MARTはその名のとおり布生地を扱っているお店で、ハワイアンキルトやお裁縫を得意としている方にはお馴染みのお店です。

今回はアイエアの本店に行こうと思ってナビにもデータを入れておいたのですが、昼間からビールを飲んでしまったために車の運転が出来なくなりました。
そんな訳でバスでホノルル店に行くことにしました(支店名が間違っていたらすみません)

場所はドンキホーテ(カヘカ店)のすぐ近くです。
バス停のすぐ近くにあり、緑っぽい色をしているのですぐに分かると思います。

今回の旅で初めてバスに乗ることとなりました。
2番か13番で行くことが出来ます。
以前にバスの乗っていろいろ動いていたので、何となく番号を覚えていました。

10分ほど待ってバスに乗ることが出来たのですが、バスが値上がりしていました。
しかも2ドル50セントという半端な数字。
1ドル札3枚だとおつりが出ないとか。

どんどん物価が上がるので、住んでいる人は大変だと思います。
バスに乗ること約10分、FABRIC MARTに到着しました。

お店に入ると日本人が3組ほどいました。
みんな何を作るのかわかりませんが、それなりの量を購入しているようでした。

TenCoはカーテン用の布を買いにきました。
前にも買ったのですが、色が明るすぎたので今回は暗めのモノを。

店内にはさまざまな柄の生地が売っています。
カーテンに使えそうな生地は右奥の方に並んでいます。

たくさんありすぎて迷ってしまいます。
ああだこうだ考えること30分、やっと決まりました。

カーテンの写真店員さんを呼んで切ってもらいました。
帰国後、買った生地でカーテンを作りました。
ウチにはミシンが無いし作るスキルも無いので、性格には本当は知り合いに作ってもらいました。

遮光ではありませんが、だいたい予想通りになりました。
今度はベッドカバーやクッションカバーの分も買いにいこうと思います。

日本でも同じような柄のものが売っていますが、BABRIC MARTほど種類が揃っているお店はあまりないと思います。
何も買うものがなくても、ドンキホーテに寄ったついでにのぞいてみると面白いと思います。

 

スポンサード リンク

2013年11月15日 6:02 AM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記