そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

サイミン美味し、LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン) 2012年ハワイ旅行記40(4日目)

LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)看板写真

海から上がり部屋に戻ったら全員いたので、アラモアナセンターに行きました。
アラモアナセンターではあまり買うものがなかったので、ROSS DRESS FOR LESSに向かいました。
小腹が空いていたのでLIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)でロコモコとサイミンを食べました。

アラモアナセンターへ

海から上がって部屋に戻ると、全員揃っていました。
海水浴や山登りでみんな日焼けでヒリヒリしていたので、アラモアナセンターへ行くことにしました。

アラモアナセンターまでは車で10分か15分くらいなので、行こうと思えばいつでも行けます。
なので事前にこのように空き時間が出来たら行こうと話し合っていました。

アラモアナセンター写真アラモアナセンターに到着しましたが、はやりここは混んでいました。
駐車場を探すのに少し時間がかかりました。

ここでも時間を決めて各自自由行動にする予定でしたが、最初だけみんなで一緒にぶらぶらしました。
ちょっとのどが渇いたので、マカイマーケットのjamba juice(ジャンバジュース)に寄りました。

jamba juice(ジャンバジュース)はスムージーのお店で、いろいろなものをミックスできます。
とても冷たいので、暑い時や喉が渇いているときには最高です。

でも飲みすぎるとカキ氷を食べた後みたいに頭にキーンとくるので、TenCoの場合は2人で1つでもいいかなという感じです。
いろいろな種類があるので、毎回違うものを注文しています。

アラモアナセンター写真喉が潤ったところで、待ち合わせの場所と時間を決めて各自自由行動にしました。
携帯電話を借りてくれれば何かと便利で楽なのですが、ない場合はこのようにアナログな方法しかありません。
不便ですが携帯電話がないときはみんなそうしていたのだから、たまにはこういうのも仕方ないですね。

TenCoたちは行く場所が決まっていたので、まずそこに向かいました。
Macy’s、MONT BLANC、タウカン、HIC、ロクシタン、グッチ、フィリップリカード、ロングス等です。
どこのお店も日本と比べると安いものがたくさんありました。

セールをしているものなどは相当安く買うことが出来ます。
アラモアナセンターはちゃんと見たら1日かかると思いますが、TenCo達は30分ほどで目的を達成してしまったので、ROSS DRESS FOR LESSに行くことにしました。

LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)

アラモアナセンターからROSS DRESS FOR LESSに向かいました。
ウォルマートの方へ向かって、歩いて5分ほどで着きます。

ここはTenCoのお嫁さんがお気に入りなのです。
安いお店なのですが、たまに掘り出し物があるの侮れません。
グアムでは毎日連れて行かれていました。

LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)入り口写真お昼ご飯を食べていなかったので、小腹が空いてきました。
ROSS DRESS FOR LESSを出た後に、LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)に行ってみようということになりました。

LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)は今まで何度も行こうと思っていた場所なのですが、いつもお腹の空き具合のタイミングが合わずに今回が初めてです。
ちょうどいい機会でした。

前に読んだ本(たしか「おじさんハワイ一人旅」みたいなタイトル)で出てきたLIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)は、ロコモコが大きなラーメンどんぶりに入っているなどと書かれていたので、とても楽しみでした。
お店の入り口からはそんなに大きく見えないのですが、中に入ると予想より広いお店でした。

カウンター席もいくつかありましたが、席の作りは日本のファミレスっぽい感じです。
変な時間(16時前)だったので、お客さんは5組ほどしかいませんでした。

TenCoたち以外は地元の人っぽかったです。
席に案内されたので、さっそくメニューを見ました。

噂のロコモコがありました。
値段は10ドルちょっとだったと思います。
他のメニューに比べて少し高かったので、本に書いてあった通りに大きいのではないかと期待しました。

ロコモコとサイミンを一人で食べようと思ったのですが、お嫁さんが一人では食べきれないと言うものだから、2人でロコモコとサイミンを食べることにしました。
嫌だったけど、TenCoはお嫁さんには逆らえないのです。
いえ、逆らうことはできるのですが、あとが大変なのです。

サイミンは6ドル弱だったと思います。
ロコモコの卵の焼き方を聞かれたので、サニーサイドアップにしました。

なおテーブルには、『お水は貴重な資源です。お水が欲しい方は店員に言ってください』的なことが書かれていました。
水を頼みにくいような感じでしたが、お店に人に頼むと笑顔を快く持ってきてくれました。

ロコモコ写真待つこと10分弱、先にロコモコが運ばれてきました。
ビックリしました、サイズが。

ぜんぜん大きくありません。
確かにラーメンどんぶりのようなものに入っていますが、普通のラーメンどんぶりより3回りくらい小さいです。
量としては大手牛丼屋チェーンの大盛りくらいだと思います。

前に読んだその本ではこれをとんでもないほど大盛りのロコモコのように書いていたのですが、「どんだけヘタれだよ」と思ってしまいました。
それとも本のヤツはTenCoが頼んだものと違うサイズだったのかな?

これなら女性でも1人で食べ切れるサイズです。
ちょっと表示抜けしました。
でも肝心のロコモコの味は、とても美味しかったです。

ちなみに地元の人がロコモコを食べるときは、最初に全部を混ぜるそうです。
混ぜなければ、それはタダの目玉焼きハンバーグ丼なのだとか。

それに倣って、TenCoも最初に混ぜてみました。
タバスコやしょうゆが置いてあるので、途中で味を変えながら食べるのも地元の人スタイルだとか。
郷に入ったら郷に従えですね。

サイミン写真ちょっとしたらサイミンも運ばれてきました。
サイミンとは見た目がラーメンのようなものです。

ちゃんとしたサイミンを食べるのはこれが初めてでした。
サイズは半ラーメン程度です。

味はすごくさっぱりしているのですが、独特の味がしました。
エビで出汁を取っている、非常にあっさりとした味です。
好き嫌いが別れる味だと思いますが、TenCoはすっかり好きになってしまいました。
この味は癖になります。

両方合わせて一般的な中華屋さんのチャーハン+半ラーメン程度のの量でした。
サイミンをもっと食べたかったのですが、遅い時間だったので夕食に影響が出ると思い自粛しました。

サイミンが美味しかったので、次回の旅行のときはいろいろなサイミン屋さんを巡ってみようと思います。
テーブルにチップを置き、お会計に行きました。
これだけ満足して2人で16ドルほどだったので、安いのではないかと思います。

Tシャツ写真レジの人にお店のTシャツがないかと聞きました。
そしたら出てきました、LIKE LIKE DRIVE INN(リケリケドライブイン)Tシャツが。

TenCoはTシャツが好きなので、もちろんこちらも購入しました。
Tシャツは10ドル程度だったと思います。

2枚買ったので食事代より高くなってしまいましたが、生地がしっかりしているので高くはないと思います。
高級なレストランに行くのもいいですが、TenCoは地元の人が普段食べているようなお店で食事する方が好きです。

高いお金出して美味しいのは当たり前ですが(極稀に高くてもまずい店もありますが)、安くて美味しいものを食べるというのも旅行の楽しみの一つだと思います。
価値観は人それぞれだと思いますが、高級なお店ばかりではなくたまにはローカルなお店に行ってこそその土地の文化に近づけると思っています。
最近TenCoはあまり食事に重点を置いてないので、次回はもっとちゃんとローカルレストラン巡りなどもしてみたいと思いました。

待ち合わせの時間になってのでアラモアナセンターに戻りました。
みんなそれぞれ充実した時間を過ごしたようでした。

このあとSAFEWAY(セーフウェイ)に行くことにしたのですが、マカイマーケットで少しだけご飯を買ってアラモアナセンターを後にしました。

 

スポンサード リンク

2013年11月18日 6:00 AM | カテゴリー:2012年ハワイ旅行記