そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

まるで別物、美味なるクアアイナ 2013年ハワイ旅行記17(2日目)

クアアイナ看板写真
まだ時間が早かったので、カポレイコモンズへ行くことにしました。
お昼を過ぎていたので、カポレイコモンズ内のクアアイナで昼食を取りました。
日本で食べたクアアイナとはまるで別物、とても美味しかったです。

クアアイナ

ワイケレプレミアムアウトレットで買い物を終えたのですが、まだ時間が早かったのでカポレイコモンズに行くことにしました。
カポレイコモンズはオアフ島西部にあるカポレイ地区に出来たショッピングエリアです。

アウラニ・ディズニーがコオリナに出来た影響等があり、現在カポレイ地区の開発は著しいスピードで進んでいます。
カポレイコモンズの大きな特徴は、大型店が集まっていることです。
非常に効率よく買い物が出来ます。

昼過ぎだったので車もガラガラで、ワイケレプレミアムアウトレットからは4,50分ほどで到着しました。
ものすごく天気が良かったので海に行かないともったいないと思ったのですが、買い物集中日にして買い物を終わらせてしまうつもりでした。

昼食はクアアイナで

カポレイコモンズに到着しました。
敷地がすごく広いです。
空き地になっているところがたくさんあるので、これからまだまだ店舗が増えていくのだと思います。

カポレイコモンズに到着したらお昼を過ぎていました。
敷地内にあるお店でお昼ご飯を食べようということになり、クアアイナで食べることにしました。

ハワイでクアアイナに行くのはこれが初めてです。
前の横浜の赤レンガ倉庫でクアアイナを食べたことがあるのですが、その時は普通のハンバーガーとしか感じませんでした。

ハンバーガーは大きい方でも1/2LBだったのですが、とりあえず注文はひとつだけにしておきました。
肉の焼き方はミディアムレアを指定し、フレンチフライとドリンクも注文しました。
グリルドフィッシュも捨てがたかったのですが、とりあえずは王道メニューで!
店内はキレイで落ち着きのある感じで、創業当時の店舗の写真や大波用と思われるサーフボードが飾ってありました。

店内の席は半分以上空いており、日本人は一人もいませんでした。
地元の人と思われる人が多く、ハンバーガーにケチャップなどをかけて食べている人が多かったです。

ケチャップ・マスタードの横にタバスコが置いてあるのですが、3種類のタバスコのうち2種類は初めて見るものでした。
各テーブルには大きなペーパータオルが置いてあるのですが、その理由はハンバーガーを食べるときに分かりました。

本場のクアアイナははまるで別物

注文して待つこと5分か10分、ハンバーガーで出来上がりました。
呼ばれたので取りに行くと、なかなかのボリューム(といってもTenCoは3つは食べる自身があります)

注文したのはアドカドバーガーとパイナップルバーガー、フレンチフライです。
ハンバーガーは上段と下段が分かれており、合体させると結構な厚みになります。
どうやって食べればいいか考えてしまうほどです。

手でハンバーガーを押し付けながら口元に運びました。
肉汁が滴り落ちてきました。
あの大きいペーパータオルが各テーブルに用意してあるのはこういうことなのですね。

ひとくち食べると口の中に肉汁が広がり、肉の旨みが広がりました。
「こりゃ美味い」
横浜の赤レンガ倉庫で食べたクアアイナとはまるで別物です。
肉の味がぜんぜん違います、さすが本場。

他の客はケチャップをかけている人が多いようでしたが、そのままで十分美味しいです。
ちょっと食べにくいのが難点ですが、それを差し引いても大満足です。

おいしかったです。

フレンチフライは生のジャガイモを揚げているようで、一般的なモノと食感が違いました。
かなり細切りなので、家庭の手作りみたいな感じです。

せっかくなのでショップTシャツも購入しました。
色は黒でハンバーガーの絵が描いてあるのは背中側です。

満足したところで、買い物に向かいました。

 

スポンサード リンク

2013年12月10日 8:00 PM | カテゴリー:2013年ハワイ旅行記