そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

ハイネケン(Heineken)の簡易ビールサーバー 2013年ハワイ旅行記37(3日目)

ハイネケン簡易ビールサーバー写真
前から気になっていたビールがあり、今回はついに購入しました。
ハイネケン(Heineken)の簡易ビールサーバーなのですが、美味しかったです。
氷が必要だったのでホテルに製氷機があったのは助かりました。

ずっと気になっていたもの

上の写真のハイネケン(Heineken)のビールですが、お酒売り場で見かけた方も多いのではないでしょうか?
TenCoも2度目のハワイ旅行のときに見つけたのですが、それ以来ずっと気になっていました。

約5リットルで価格は$20程なので、日本のビールに比べれば格安です。
※日本はビールに対して1リットルにつき200円以上の税金がかかっているから高いのだと思います(ビールばかりいじめないでアルコールのパーセンテージで課税すればいいのに)

今まで購入するのをためらっていたのは、量が多いからです。
でも普通に考えると、BBQの時にビール好きな人が3人集まれば10リットルの生ビール樽が空になりますからね。
5リットルなのでジョッキで10杯分、そう考えれば何とかなりそうな気がしました。
残ったら冷蔵庫に入れておけばいいのだし。

今回は部屋の冷蔵庫にも入りそうだったので、ドンキホーテで買ってきていたのです。
前日SAFEWAYでグラス付のものがドンキホーテと同じ価格で売っていたのですが、ドンキホーテのは冷えていたので、それが購入したポイントでした。

こういうのを飲んだりしたいから、食事を部屋で取ることが多いのです。
プレートランチやお惣菜とビール、なかなかいいですよ。

説明書写真数年越しでやっと買ったこのビール、取り扱いは少しだけ面倒です。
ガスは内蔵されているのですが、飲む前に冷蔵庫で8時間以上保冷し、飲む前に氷で2時間以上冷やせとなっていました。

ホテルの製氷機から氷をたくさん持ってきて冷やしました。
製氷機がない場合はスーパーで氷を買ってくればいいと思います(日本と違って安いです)

氷で冷やしているビール缶写真大きなバケツがあればよかったのですが、なかったのでビニール袋氷を入れて冷やしました。
缶の上の方が冷えていないけど、そのまましばらく放置しました。
その間にシャワーを浴びたり荷物を整理して、1時間ほど冷やしました。

説明書を見ても複雑なことは書かれていません。
冷えてさえいれば後は部品を取り付けるだけです。

部品を組み立てて缶の上部に取り付ければ完成。
緑色のレバーを持ち上げると、先端からビールが出てきます。

普通の缶ビールより泡が細やかで、結構美味しかったです。
ハワイの人はハイネケン(Heineken)が好きな人が多いらしく、よくTシャツのデザインなどにもハイネケン(Heineken)に似せた柄のモノがありますが、もしかしたらこのビールがあるから好きなのかもしれません。

好きな分だけ飲めるから、考えようによってはこちらの方が経済的かもしれません。
2人でジョッキ5杯ずつと考えれば、ビールが好きなら飲めない量でもないですし。

これ気に入りました。
買ってみてよかったです。
$20だから余っても外で飲むよりかは安いですしね。

缶も可愛いので空になったもののガスを抜いて持って帰りたかったのですが、今回は荷物が超過しているのであきらめました。
他にもいろいろなビールがありますが、そういうビールを飲むのも海外旅行の大きな楽しみです。
ハワイでビール、最高です。

[2016年12追記]
ハイネケンの簡易ビールサーバーは『ドラフトケグ』というらしく、日本でも発売されたそうです。
これで日本でもあの味を堪能できます。
これ便利だから、いつか日本で発売されないかと思っていたらついに!
販売しているのは↓
ドラフト ケグ ジャパン

2013年12月13日 8:00 PM | カテゴリー:2013年ハワイ旅行記