そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

サンセットビーチで大波を見ながら日焼け計画 2013年ハワイ旅行記50(5日目)

サンセットビーチの波写真
曇り空が続きまったく日焼けが出来ていないので、この日はノースショアで大波に挑むサーファーを見ながら日焼けすることにしました。
サンセットビーチに行ったら遊泳禁止になっていましたが、多くのサーファーが波に乗っていました。
ただし曇っていたので日焼けすることは出来ませんでした。

慣れてきたことが危ない、安全運転!!

2日ほど前からノースショアでは大波がたっていたので、この日は大波に挑むサーファーを見ながら日焼けすることにしました。
あくまでも日焼けが目的なので、間違っても海には入りません。

朝日写真混むと車が止められなくなると思い、この日も早く起きました。
窓を開けると道路はまだ濡れていましたが、日が出ていました。
とてもきれいな朝日でした。

BOOTS & KIMO’Sで朝食を取った日があるので、朝食券が余分に余っていました。
もったいないのでパンだけもらって、ハムとグリーンサラダ、前日の夜の残りのポテトサラダとマカロニサラダでサンドイッチを作って持っていきました。

道路写真早かったので道路は混雑していませんでした。
5日目ともなると車の運転も大分慣れ来て、むしろ帰ってからの運転に支障が出そうなくらいです。

ノースショアへは高速に乗って北へ上がっていくだけです。
所要時間は1時間ほどでしょうか。
ワイキキ周辺よりは運転しやすいと思います。

遠くからのノースショア写真運転すること小一時間、DOLEを越えてしばらくすると海が見えてきました。
その位置からでも海が荒れているのが分かりました。

自然の力になんか鳥肌が立ってきました。
でも天気がかなり微妙でした。
波しぶきのせいか、ノースショア方面は少しかすんでいました。

道路写真来てしまったのだから、とりあえず行ってみることにしました。
サンセットビーチに行ってみることにしました。
ノースショアの道はあまり信号もなく、田舎道なので走りやすいです。

しばらく走っていたら、道路の左側にサーファーっぽい人が現れました。
こちらに向かって道路沿いを小走りで移動していたのですが、道路を渡るのかどうかは分かりませんでした。

それなりにスピードも出ていたし、タイミング的にまさか飛び出してはこないだろうと思っていたのですが、いきなり道路を横断し始めました。
ヤバイと思って急ブレーキを踏みました。

ブレーキは間に合ったのですが、肝を冷やしました。
こちらがごめんねとジェスチャーすると、向こうも笑いながらジェスチャーしてくれました。
どちらが悪いかというと、完全にこちらです。

何があろうと歩行者は優先なので、道路を横断しなくても徐行もしくは停止しておくべきでした。
本当に事故にならなくて良かったです。
慣れてきた頃が一番危ないのだと身をもって実感しました。
安全運転、安全運転!

荒れているサンセットビーチ

サンセットビーチパークヒヤッと肝を冷やす場面もありましたが、無事にサンセットビーチに到着しました。
サンセットビーチには道路を挟んでピーチパークがあり、トイレやシャワーはそこにあります。

海側にも車を止められるので、ビーチパークの駐車場を利用している人はあまりいませんでした。
海水浴日和の週末とかは混んでいると思います。

サンセットビーチ写真さっそく海をチェックしてみると、ビーチが立ち入り禁止になっており、テープで仕切られていました。
沖には数名のサーファーがおり、カメラマンが写真を撮影していました。

もっときれいに波が立っているのかなと思っていましたが、ちょっとグチャグチャしている状態でした。
海の様子を見ながら、とりあえず作ってきたサンドイッチを食べることにしました。

日差しが出ていないので、日焼けは出来そうにもありませんでした。
しばらく様子を見ることにして、ビーチパークのトイレに行きました。

帰り際にBBQ炭を捨てるゴミ箱を発見しました。
これがあるということはBBQオーケーということですね。
ここの海を見ながら肉とかを焼いたら美味しいのでしょうね。

代わる代わるサーファーが海に入っていきました。
結構カレントが強いようでしたが、みんなそれを上手く利用して沖に出ていました。

ライフガードもバギーで見回りしています。
日本だったら立ち入り禁止だと注意しそうですが、こちらのライフガードはサーファーの人に海(波)の情報を教えていました。

こんな大波に挑むとは、みんな肝が据わっています。
この日の2日前に、ハレイワに済む30代のサーファーが行方不明になり、未だに捜索中とだとニュースでやっていました。
沖にいる間に波が高くなりすぎると戻れなくなることもあるので、まさに命がけですね。

でも一番肝が座っていたのは、こんな大波の日なのに波打ち際で金属探知機を使ってお宝を探していたおじさんかもしれません。
よくそういう機械を持っている人を見かけますが、指輪などを探しているのだとか。

2013hi5013

そんな感じで迫力のある海だったのいですが、全く日が出てくることはありませんでした。
しばらく待っていたのですが日焼けできそうな感じにはならなかったので、ハレイワのお店が開店する時間までワイメイベイビーチパークに移動して時間をつぶすことにしました。

 

スポンサード リンク

2013年12月15日 5:04 PM | カテゴリー:2013年ハワイ旅行記