そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

まさかのシュノーケル禁止のエメラルドビーチと古宇利島ドライブ 2009年沖縄旅行記6(3日目)

エメラルドビーチ写真
予想以上におもしろかったちゅら海水族館をあとにして、シュノーケルをしに向かいました。
近くにあるエメラルドビーチに行ったのですが、まさかまさかのシュノーケル禁止。
早めに切り上げ古宇利島方面を探索することにしました。

シュノーケル禁止のエメラルドビーチ

ある程度楽しいと期待して行ったちゅら海水族館でしたが、予想以上におもしろく大満足でした。
水族館から出るとさらに日差しが強くなっており、シュノーケルをしにエメラルドビーチに向かいました。

エメラルドビーチは整備されたばかりなのか、設備も新しく海も申し分ないくらいにキレイなビーチでした。
しかも場所が遠いせいかお盆だというのに混雑はしていませんでした。

ところがまさかまさかのシュノーケル禁止!!
これにはテンションが底まで下がりました。
市営プールではないのだから、勘弁してくれよ~

でも着替えてしまったので、仕方なく海水浴をすることに。
海に入ると気持ちがよかったのですが、シュノーケルできないという残念さの方が強かったです。

日焼けをしたり海に入ったりを繰り返していたのですが、日差しが強すぎるので何もすることがないのはちょっと辛かったです。
お盆休みなので周りは観光できた親子連れがたくさんいました。
何回目かに海に浸かりに行ったとき、近くにいたお父さんがハッスルして自分の子どもをジャンアントスイングしだしました。

ジャイアントスイングされている子どもは本気に嫌がっており、「お父さんやめて、やめて、やめ~」などと叫んでいました。
ジャイアントスイングをやめたお父さんは、息子の顔を見て大笑いしてました。

よほど面白かったのか、もう一度ジャイアントスイングをしようとしてました。
子どもは本気で嫌がっていたのですが、お母さんの制止を振り切りお父さんは再びジャイアントスイング。
そしたらその子どもが気持ち悪くなったようで、吐いてしまいました。

遠心力で飛び散るゲロ、こちらにも飛んできて少しかかってしまいました。
せっかくのきれいな海なのに、これでは子どもがおしっこ垂れ流しの市営プールと変わりません。

シュノーケルできないのでは退屈だし、ゲロも掛けられたからエメラルドビーチを後にすることにしました。
クラゲ避けネットもあるのでシュノーケルさえ出来れば最高なのですが、もったいない限りのビーチでした。

古宇利島ドライブ

エメラルドビーチを後にして、新たなるシュノーケルスポットを探すべく古宇利島へ向けてドライブを始めました。
のどか風景はどこか懐かしさを感じ、子どもの頃の夏休みに来たことあるような雰囲気が漂っていました。

時おり顔を出す海はどこから見てもキレイで、まさに『楽園』そのものだと思いました。
道路標識などを見ると日本なのですが、海だけ見ていると海外の南の島といわれても区別がつかないと思います(海外の方が海が綺麗といっているわけではありません)

しばらく車を走らすと、大きな橋が見えてきました。
橋の手前で車を止めて、ちょっと海岸に下りてみました。
そこから見た橋の姿はとてもきれいでした。

いつもは橋は渡るためにあるものだから、高いお金をかけたデザインなど必要ないと思うのですが、ここに関しては美しいと思ってしまいました。
もちろんこのデザインにしたことにより建設費が膨大に増えたのなら、それはちょっと問題だとは思いますが、海がこれだけきれいだと橋のデザインも重要なのかなと少しだけ思いました。
それにしてもあの小さな島によくこれだけの橋をかけたものだと感心してしまいます。

車に乗って島に行ってみることにしました。
とりあえず1週してみようということになり、車を進めていきました。
なにかどことなくハワイオアフ島のノースショアの風景と重ねてしまいました。

橋の端辺りはなにやら賑わっていました。
ちょっと寄ってみたのですが、暗くなってから運転するのが嫌だったのでこの日はこれで帰ることにしました。
シュノーケルは出来ませんでしたが、きれいな海ときれいな景色、ドライブしているだけでも楽しかったです。

沖縄の時差

到着したときから違和感を感じていたのですが、沖縄には時差を感じます。
もちろん同じ日本なのだから実際には時差などあるわけがありません。
でも東京付近と比べると経度が違うので、日の入りの時間がすごく遅く感じるのです。

東京と比べると1時間くらい日の入りが遅いのではないかと思います。
一日が長いのでいろいろな意味で熱いです、沖縄。
沖縄の人はみんな親切だし、いいところです。

バイキング居酒屋 リオ

TenCoは海外旅行に行ってもあまり食事に不満を感じることはありません。
しかし今回の沖縄では不満とまでは行かないまでも、満足はしていませんでした。
急に決まった沖縄旅行なのでリサーチ不足なのもありますが、美味しいと思えるお店にはまだめぐり合わずにいました。

国際通り周辺の居酒屋などに何件か入りましたが、どれもいまいちな感じでした。
またお盆休みで帰省している若者が多いらしく、とても騒がしいお店ばかりでした。

そこで事前に調べておいたバイキング居酒屋のリオというところに行ってみることにしました。
お店に入って最初に驚いたには、時間が無制限ということでした。
価格も安くなんと生麦汁のサーバーが10台近くあり、いろいろな生麦汁が呑み放題なのです。

店内にはディスプレイのレトロなアメ車が置いてあり、とてもいい雰囲気でした。
食事をすると考えるとちょっと違うのかもしれませんが、飲む人には持って来いのお店です。

オリオン麦汁の生を飲みながら食事をつまむ、なかなかコスパのいいお店でした。
また店員さんも親切で、国際通り沿いの美味しくない居酒屋に行くならタクシーを使ってこちらに来た方がいいと思い、2,3回お世話になりました。

飲む人にはうれしいお店です。
もし今度行くことがあるなら、リオにはまた行ってみたいと思います。

 

スポンサード リンク

2013年11月22日 8:44 PM | カテゴリー:2009年沖縄旅行記