そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

ぶらり国際通り 2009年沖縄旅行記9(6日目)

ドラゴンフルーツ写真
日焼けが痛くなってきたので、この日は国際通りを市場に向かってぶらぶらすることにしました。
今回の旅行で唯一腹が立ったことがありました。
果物屋さんではフルーツ購入し、自宅に宅配便で送るように手配しました。

沖縄なのにハワイアンジュエリーの客引きの年増ギャル

県庁前から国際通りに入って行きました。
多くのお土産屋さんが並んでいるのですが、熱いから人通りは多くはありませんでした。

指ハブなどベタなお土産をいくつか買ったりしながら奥へと進んで行きました。
50メートルほど先に一昔前のギャルといわれていたような格好をしている女性がこちらをずっと見ているのに気が付きました。
何かめんどくさそうなので目をあわさないようにしていました。

近づくと案の定声をかけてきました。「こんにちはー、私テレビとかに出てるんだけど私のこと知ってる?」
何かのお土産の販売の話をするかと思いきや、完全に頭が痛い人のような第一声に絶句してしまいました。

よく見ると服装こそ一昔前の10代の子みたいな感じですが、年齢は完全に20代後半といった顔立ちでした。
係わり合いになりたくないと思ったので、意味の分からない質問に対して
「ごめんなさい、知りません」といって立ち去ろうとしたのですが、今度はお嫁さんの前に立ちはだかるように続けて話しかけてきました。

「ハワイアンジュエリーに興味ある?良かったらそこにお店あるから見ていかない~?」
横を見ると確かにハワイアンジュエリーのお店がありましたが、沖縄でハワイアンジュエリーって・・・
ちなみにTenCo家の結婚指輪はハワイアンジュエリーです。
もちろんハワイで作った、老舗メーカーの物です(ちょっと高かったです)

メンドクサイので「ハワイアンジュエリーは間に合ってるから」と左手を上げました。
「どこで作ったのー?」
「ハワイアンジュエリーだから、ハワイに決まってるでしょ」
「私前にハワイに住んでたんだー」
「・・・」
「そんな指輪よりいいのがあるから、お店寄るだけでいいから見てってよ」

あまりのしつこさ&そんなの呼ばわりされてカチーンと来ました。
「そんなのっていうけど、シルバーのハワイアンジュエリーを作ってるような店のモノと一緒にすんぢゃねーよ。そもそもハワイに住んだことあってハワイアンジュエリーの仕事してるなら見ただけでどこのメーカーが分かるだろう、ゴルァ」

普段は温厚なTenCoですが、あまりにしつこいのと失礼だったのでちょっと吠えてしまいました。
そのあとその年増ギャルは背を向けて店の前をウロウロとしてましたが、これが今回の沖縄旅行で唯一腹が立ったことでした。

果物屋さん

変なポン引きまがいの女のせいで気分を害しましたが、気を取り直して国際通りを奥へと進んで行きました。
だいぶ奥の方まで来ると果物屋さんとかが増えてきました。

ここでは沖ならならではのフルーツがたくさん売っていました。
ドラゴンフルーツが1つ100円ほどで売ってたので、スターフルーツと一緒に自宅に送ってもらうようにしました。

宅急便でも2,3日で届いてしまうので、やはり国内旅行は楽ちんです。
これが海外だとしたら送料は高いし時間はかかるし、そもそも検疫があるからこういうものは送れないと思います。

ついでだからお世話になっているところに一箱送っておきました。
紅芋タルトなどのお土産もいいですが、こういう珍しいフルーツをお土産にするのもいいかもしれません。

ちなみにドラゴンフルーツは白を頼んだのですが、全部赤でした。
赤だと結構色がきついので洋服などが汚れないように白がおすすめです。
スターフルーツは梨のような味ですが、梨の方が美味しいかなというのが素直な感想です。

この日はなぜかカメラを持っていなかったので写真がありませんが、最後に市場をのぞきました。
すこしカラフルなセミエビを食べてみたかったのですが、お嫁さんが形を気持ち悪がって買いませんでした。
大きかったので一人では食べきれなかったと思いますが、帰ってしまうとセミエビなんて売ってないので食っておけば良かったとちょっと後悔しました。

 

スポンサード リンク

2013年11月22日 8:50 PM | カテゴリー:2009年沖縄旅行記