そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

マカダミアナッツのキスチョコ

キスチョコ写真
ハワイのお土産の定番といえばチョコレートやマカダミアナッツですが、最近は日本でも簡単に同じものが入手できるので、お土産を買うときはいろいろと頭を悩ませるものです。
またチョコレートは結構重さもあるので、日本で購入してハワイで買ってきた体にした方がいいのではないかとちょっと本気で思うくらいです。

最近はホノルルクッキーカンパニーやビックアイランドキャンディーなどでクッキーを買っていく人も多いらしいです。
なぜクッキーなのかと思っていたのですが、小分けになっていて見栄えがいいのとチョコレートに比べると重量が軽いから人気なのではないかと個人的には考えています。

最近ハワイ線のエコノミークラスは多くの航空会社が無料で預けられる荷物を1つまでとしてしまったので、お土産の重量が以前に増して気になるところです。
限られた重量制限の中、出来れば他人へのお土産など買って行きたくはというのが本音ですが、いろいろとお付き合いがあるのでそういうわけにもいきません。

そんなわけでバラ撒き用のお土産はなるべく軽いものを買うようにしているのですが、イヴァレイのCOSTCOでマカダミアナッツ入りのキスチョコを見つけたので、少し重いけど自分用を含めていくつか購入しました。
キスチョコ自体はどこにでも売っていますが、マカダミアナッツバージョンは初めて見ました。
もしかしたらこれも日本のCOSTCOでも売っているのかもしれませんが、インパクトがあったのでそんなことは考えずに購入しました。

kisschoco02包み紙の色がハワイっぽくて(というかMOUNA LOAのパッケージの色でしょうね)、お土産としてなかなかいい線いっているのではないでしょうか。
ちょっと重いのが難点ですが、知名度が高いもの同士のコラボなので買う方も貰う方も安心感はあると思います。
包み紙の隙間からチョコレートが出てしまっていたりするのがあるのはキスチョコならではのご愛嬌。

kisschoco03割ってみると中には小さなマカダミアナッツが一粒入っていました。
チョコレートの味は普通のキスチョコと同じで、濃厚で甘さが強めな感じです。

一袋で約850gあるのですが、これの小分けのものがあればバラ撒き用のお土産にはちょうどよかったかもしれません。
割高なので最近はABCストアなどでお土産を買うことはほとんどくなってしまったのですが、そういうところで探せば小袋が売っていたのかな?
いつになるか分からないけど、今度行ったときに小袋を探してみることするとしましょう。
荷物の重量に余裕があればもう少し買ってきても良かったかなと一品でした。

 

スポンサード リンク

2013年11月21日 8:00 AM | カテゴリー:買い物