そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

元の木阿弥、MONT BLANCのパスポートケース

montblancパスポートケース写真
当初言われていたより早くポスポートケースの修理が終わりました。
取りに行ったのですが、壊れる前の状態とほぼ同じになってました。
こちらが言ったことを全く分かっていませんでした。
本当にダメだな(怒)

元の木阿弥

MONT BLANCの店舗より電話があり、パスポートケース(ウォレット)の修理が完了したとのことでした。
予定では年が明けてから、2月近くになると言われていました。
それなのにクリスマス前に出来てしまうとは、嫌な予感がしました。

ついでの用事があったのですぐに取りに行きました。
戻ってきたものは、壊れる前の状態とほぼ同じようになっていました。
チャックが粗悪品で硬いからタブがちぎれたのだから、同じ状態にしてもまたちぎれるのが目に見えています。

当初はもっと時間がかかると言っていたので、ばらして問題の根源であるチャックをそっくり交換するのかと思っていたのに、新しいタブをつけただけって・・・(汗)

montblancパスポートケースチャックのタブ写真

だから早かったのかな?
原因を解決しなければ何もならないのに、何でそれが分からないのかな?
修理窓口といっても専門の職人はいないで、素人みたいな人がやっているのかなと思ってしまいました。

内側のあとで取れてしまったチャックも、そこの部分だけが直されている感じでした。
そんなのだったら自分でペンチでギュッとやれば出来るのに!
もう残念すぎて何も言う気も起こりませんでした。

montblancチャック写真

前は1回旅行に行っただけで次に使う前に壊れたから、今度も長くないだろうな。
修理のために電話をしたり、お店の人に説明したり、こっちだっていい気持ちはしません。
もう今度壊れたら自分でばらして、新しいチャックと交換したほうが良さそうですね。

しかもお店の人になぜか請求書を渡されました。
6,300円と書いてありました。
確認してもらって無料と分かりましたが、もし有償修理だったら6,300円ってことみたいです。

新しいタブをつけただけでよくもまぁ。
修理代金が高いのは仕方ないかもしれませんが、その前に壊れないようにちゃんとした物を使って作って欲しいと思います。

MONT BLANCは筆記用具だけ作っていた頃の方が良かった気がします。
名前だけで中身がちょっと・・・

今度買うときは皮職人さんにお願いして作ってもらうことにしようかな。
クロコダイルとかがいいかな。
そういう職人さんに作ってもらえば、修理も改良もしっかりやってくれるでしょうから。

なんか疲れた。
安くもないものを買ったのに、なんでこんなに疲れなければならないのでしょう。
はぁorz

 

スポンサード リンク

2013年12月20日 4:05 PM | カテゴリー:旅行グッズ