そうだ、旅に出よう!旅行は心のリフレッシュ!

反日感情と旅行

ヘッダー画像
2013年の初め頃だったと思いますが、身内が香港に旅行に行って反日の洗礼を受けたそうです。
本人は旅(海外)慣れしているから特にショックとかは受けなかったみたいです。
どうせ行くなら反日の地域には行きたくないものだと思いました。

香港のハードロックカフェ

最近すっかり更新が滞ってしまって・・・orz
やろうやろうとは思うのですが、一度空いてしまうとなかなか筆が進まず・・・
今回は久しぶりの投稿なので、旅行記ではなく雑記という形で。
旅(海外)慣れしている身内が、香港で反日の洗礼を受けたときの話です。

たしか2012年の終わりか、2013年のはじめ頃だったと思います。
身内の者が香港へ旅行に行きました。
旅(海外)には慣れています。
というか10年以上海外生活を経験しています。

そんな感じなので各国にたくさん友達がおり、たまに会ったりしているみたいです。
今回は香港人の友達と会うために香港へ行き、一緒に観光をしていたらしいです。

食事をすることになりセントラル駅近くのハードロックカフェに行ったそうです。
中国人観光客が多く、どこも混雑していたみたいです。
もちろんハードロックカフェも入店待ちの行列が出来ており、香港人の友達が名前を言って待つことにしたそうです。

ハードロックカフェというと、どこに行ってもあるような気がします。
もちろん日本にもありますが、最近はあまり混んでいるイメージはないですね。
TenCoは初ハワイで行ったのですが、口に合わなかったのでそれ以来行ってないです。

30分ほどしてからお店の入口付近で待つことにしたそうです。
香港人と一緒にいたので、お店の人が広東語で身内(←何ヶ国語か話せる)に話しかけてきました。
広東語は話せないのですが、片言で返答したそうです。

身内:(英語で)「数字くらいなら言えるよ。」「イー、アル、サン、スー、ウー・・・」
店員:「どうして知ってるの?すごいじゃん」
身内:(冗談半分に)「ドラゴンボールで覚えた」
店員:「お前日本人か?」
身内:「そうだけど」
店員:「今日は満席だ。日本人に座らせる席はない」といきなり怒鳴りだしたそうです。
ちなみに身内って女性です。

それを聞いていた香港人の友達が抗議したら、反日感情丸出しの罵声を浴びせられたそうです。
香港人どうしで怒鳴りあいになり、最終的に警備員が出てきたのですが、警備員も反日であわや乱闘になるところだったらしいです。

そんな店で食べるのも気分が悪いので(そもそも日本人だからと入店拒否されたので入れないが)別の店に移動したらしいのですが、TenCoはまさか香港でそんな反日感情が渦巻いていると思いませんでした。
誰とは言いませんが海保に体当たりした漁船の映像を隠蔽したり他にもいろいろと、当時の政権の外向音痴のツケですね。
そういえばジャッキーチェンもすっかり中国に飼いならされて、北京オリンピックとかで歌とか歌っていましたね。
この話を聞くと、もはや昔の香港の面影は残ってないのでしょうね。

どうせ旅行に行くのなら、反日のところには行きたくないものです。

ディズニー

一悶着ありましたが、ディズニーランドに行ったりと観光は一通りしてきたそうです。
日本と同じで、ディズニーランドは大混雑だったらしいです。
客の大半は中国人みたいです。
経済が急発展している中国ですから、旅行や娯楽に興じる人が増えているみたいです。
国民の数も多いから、そのうち世界中どこに行っても中国人だらけなんてことになるかもしれませんね。

乗り物を乗るのにも大行列、これって客に対するサービスとしては最低だと思います。
それでも行きたいという人がいるのだから、ディズニーの魅力ってすごいのだなと思います。

そんなディズニーランドですが、お土産とかがちょっとおかしなことになっていたらしいです。
ディズニーといえば世界的に有名なキャラクターがいくつもありますが、明らかに顔がおかしいのです。

偽物みたいですが、園内の売店で売られていたそうです。
かなり強烈ですけど、これっていいのかな?
あきらかにキャラが違ってしまっていますよね?
これってお国柄で済む話なんですかね?
さすがのディズニーもこの国にはお手上げ何ですかね?

こういうのも旅行の面白いところと言えるのかもしれません。
ま、反日の話を聞いたら、TenCoは行きたいとは思いませんけど。

今はいろいろなところに旅行にいけますけど、ちゃんと行き先を選ばないと嫌な思いをしたり、場合によっては命の危険もあります。
TenCoのようにたまにしか旅行行かない人間は、旅行先は慎重に選ばないとダメだなと改めて思いました。

2014年7月31日 3:28 PM | カテゴリー:雑記